2008年5月の記事一覧

幼年期のバックベアードの街のための読書クラブは衰退しました。

どうも。委員長のスズモトです。

タイトルが無理矢理過ぎますね。

多分、作者はロミオ・一樹・有藤・クラーク。何人かは秘密です。

 

5月4日に公開討論会が行われ、第一回大学読書人大賞が決定しました。

大賞は「幼年期の終わり」でした。

来てくださった方はありがとうございます<(_ _)>

 

意外と言えば意外。順当と言えば順当。

もっとも、それは対象候補5作品全てに言えたことですが。

こんなバラエティに富んだ候補作、他の賞じゃ絶対出ないですよ。

 

1位から5位までは、なんと全て1点差でした。

本自体はどれもおもしろく、また、それぞれの推薦理由についても、納得のいくものばかりだった、という証でしょう。

 

 

第一回の受賞作によって賞のカラーが決まる、とはよく言われることです。

しかし、大学生は毎年メンバーの入れ替えがあります。

来年は何が起るかわかりません。

 

私たちはこれから『幼年期の終わり』の訳者、池田真紀子さんを招いて授賞式を行います。
授賞式は作家と投票に参加した文芸部の交流の場にする予定です。
詳細は決まり次第HPにアップしますのでお楽しみに。

 

また、人数は少ないですがmixiにコミュニティが存在しています。

有志の方が作成してくださったようです。

委員が運営しているわけではないので、連絡用に使われている、といった様なことはありません。

気になるそこのあなた、入ってみてはいかがでしょう?

「やっぱりそうだよね」とか「ありえねー」といった自分の思ったことを書いてみると良いのでは。

 

更に、全国81の大学生協で大学読書人大賞のフェアを行います。

会場で作品を買いそびれた、改めて推薦文を読み興味が湧いた、という方は大学生協をご利用下さいませ。

POPは、今回プレゼンした5人の方がキャッチコピーを考えました。

どんなキャッチコピーか確かめてみてください。

 

 

さて。ここからはちょっと裏話。

討論会終了後のお話です。

« 2008年4月 | トップページ | 全ての記事 | 2008年6月 »