« 一次投票〆切まで1週間を切りました! | トップページ | 全ての記事 | 推薦文募集中!!! »

「2009大学読書人大賞」候補作品、発表。

こんにちは。委員の矢作です。
さっそく、皆さんお待ちかねの「2009大学読書人大賞」候補作品を発表します!


 全国の大学文芸サークルが、大学生に最も読んでほしい本を選ぶ「大学読書人大賞」。
 全国の文芸サークルからの投票を集計し、上位6作品(五十音順)が決定しました。
 この6冊が、「2009大学読書人大賞」候補作品です!


 【候補作品(五十音順)】
 『AURA』(田中ロミオ/小学館)
 『告白』(湊かなえ/双葉社)
 『好き好き大好き超愛してる。』(舞城王太郎/講談社)
 『ゼロ年代の想像力』(宇野常寛/早川書房)
 『とある飛空士への追憶』(犬村小六/小学館)
 『容疑者Xの献身』(東野圭吾/文藝春秋)

 (※去年の候補作は5作品でしたが、今年は票数の都合で6作品となっています。詳しくは選定方法の3番を参照して下さい。)


どうでしょう。
去年以上に個性的なラインナップだと思いませんか?
6位以下の作品も見てみると、フィクションありノンフィクションあり、新作あり古典ありで、非常にバラエティに富んでいることが分かります。
これが現在の大学文芸部員の読書傾向なのでしょう。興味深いですね!

こうして候補作が出揃ったのも、皆さんの協力のおかげです。
ありがとうございます!


また、今日から推薦文の募集を開始します。


 候補6作品を読んで、最も「大学生に薦めたい」と思う1作品をサークル単位で選んでください。
 その作品に1,600字以内の推薦文を書いて、応募フォームからお送りください。
 推薦文の締め切りは2月1日(日)です。

 最優秀推薦文に選ばれたサークルには、贈賞式の席上、図書カードを贈呈します。
 (大賞作品に5万円、その他5作品に各3万円)。


投票した作品が候補作に入っていたサークルも、入っていなかったサークルも、もちろん一次投票を行わなかったサークルの参加大歓迎です。
(大学読書人大賞への参加は推薦文からでも可能です。)

少しでも多くの大学生が面白い本と出会えるよう、「大学読書人大賞」を盛り上げていきましょう!
推薦文お待ちしてます!

(矢作)