2009年1月の記事一覧

推薦文〆切まであと1日!

こんにちは。委員の矢作です。

推薦文〆切まであと1日です!

推薦文の進行はどうでしょうか?
推薦文の締め切りは明日となっています。
期限を過ぎては元も子もありません。あとは送るだけの状態なら、今すぐ応募フォームへどうぞ!

また、大学読書人大賞への参加は推薦文投票からでも可能です。
一次投票を行わなかったサークルも大歓迎!

・公開討論会まで残れば図書カード3~5万円が手に入る。
・あの人気作家さんと交流ができる。
・文芸サークルどうしの交流ができる。

そんな大学読書人大賞を、皆さんで盛り上げていきましょう!

また、2008年度の推薦文も公開中です。
皆さんが書く、素晴らしい推薦文への一助になれば嬉しい限りです。

(矢作)

推薦文〆切まであと2日!

こんにちは。委員の矢作です。

推薦文〆切まであと2日です!

推薦文の進行はどうでしょうか?
期限を過ぎては元も子もありません。あとは送るだけの状態なら、今すぐ応募フォームへどうぞ!

また、大学読書人大賞への参加は推薦文投票からでも可能です。
一次投票を行わなかったサークルも大歓迎!

・公開討論会まで残れば図書カード3~5万円が手に入る。
・あの人気作家さんと交流ができる。
・文芸サークルどうしの交流ができる。

そんな大学読書人大賞を、皆さんで盛り上げていきましょう!

また、2008年度の推薦文も公開中です。
皆さんが書く、素晴らしい推薦文への一助になれば嬉しい限りです。

(矢作)

推薦文〆切まであと3日!

こんにちは。委員の矢作です。

推薦文〆切まであと3日です!

推薦文の進行はどうでしょうか?
期限を過ぎては元も子もありません。あとは送るだけの状態なら、今すぐ応募フォームへどうぞ!

また、大学読書人大賞への参加は推薦文投票からでも可能です。
一次投票を行わなかったサークルも大歓迎!

・公開討論会まで残れば図書カード3~5万円が手に入る。
・あの人気作家さんと交流ができる。
・文芸サークルどうしの交流ができる。

そんな大学読書人大賞を、皆さんで盛り上げていきましょう!

また、2008年度の推薦文も公開中です。
皆さんが書く、素晴らしい推薦文への一助になれば嬉しい限りです。

(矢作)

推薦文〆切まであと4日!

こんにちは。委員の矢作です。

推薦文〆切まであと4日です!

推薦文の進行はどうでしょうか?
期限を過ぎては元も子もありません。あとは送るだけの状態なら、今すぐ応募フォームへどうぞ!

また、大学読書人大賞への参加は推薦文投票からでも可能です。
一次投票を行わなかったサークルも大歓迎!

・公開討論会まで残れば図書カード3~5万円が手に入る。
・あの人気作家さんと交流ができる。
・文芸サークルどうしの交流ができる。

そんな大学読書人大賞を、皆さんで盛り上げていきましょう!

また、2008年度の推薦文も公開中です。
皆さんが書く、素晴らしい推薦文への一助になれば嬉しい限りです。

(矢作)

推薦文〆切まであと6日!

こんにちは。委員の矢作です。

推薦文〆切まであと6日です!

推薦文の進行はどうでしょうか?
期限を過ぎては元も子もありません。あとは送るだけの状態なら、今すぐ応募フォームへどうぞ!

また、大学読書人大賞への参加は推薦文投票からでも可能です。
一次投票を行わなかったサークルも大歓迎!

・公開討論会まで残れば図書カード3~5万円が手に入る。
・あの人気作家さんと交流ができる。
・文芸サークルどうしの交流ができる。

そんな大学読書人大賞を、皆さんで盛り上げていきましょう!



今日は本と珈琲、本とお酒についてです。

最近、TSUTAYA横浜みなとみらい店にある、Starbucks Coffeeを併設したブックカフェに行ってきました。
ここでは珈琲を飲みながら、置いてある本を好きに読むことができます。
本好きにはたまらない空間だと思い、席に座れるか不安でしたが、平日のお昼過ぎだったせいか、特に問題なく座ることができました。

ウェブサーフィンしてみたところ、どうやらブックカフェは現在流行中のようです。
確かに、神保町に古本を買いに行ったときなんか、ついつい喫茶店に入っちゃいますもんね。
買ったばかりの本をチラ見しつつ飲む珈琲は、確かに美味しく感じます。
某所ではこの本と珈琲の関係を夫婦関係と喩えています。

その一方で、本と珈琲という関係に留まらないお店もあります。
高円寺にある古本酒場コクテイルというお店です。

ブックカフェならぬブックサケをうたったこの店には、古雑誌や古本を読みながらお酒を飲めるという素敵な場所です。
また「文士料理」という作家が好んで食べていたメニューも取り揃えているのだとか。
お店の雰囲気もいい感じ。酒の肴は本に限りますね。
読書人の皆さんは一度くらい行ってみてもいいかもしれない、と思いました。
(大学読書人大賞実行委員会やサークルの打ち上げにもいいかも?)

ちなみに、某所ではこの本と酒の関係を愛人関係と喩えていました。
王道の夫婦関係もいいけど、ちょっと危険な愛人関係もなかなかオツな気がします。

最後に一言。
「酒と煙草は二十歳から」

(矢作)

推薦文〆切まであと7日!

こんにちは。委員の矢作です。

推薦文〆切まであと7日です!

推薦文の進行はどうでしょうか?
期限を過ぎては元も子もありません。あとは送るだけの状態なら、今すぐ応募フォームへどうぞ!

また、大学読書人大賞への参加は推薦文投票からでも可能です。
一次投票を行わなかったサークルも大歓迎!

・公開討論会まで残れば図書カード3~5万円が手に入る。
・あの人気作家さんと交流ができる。
・文芸サークルどうしの交流ができる。

そんな大学読書人大賞を、皆さんで盛り上げていきましょう!


今日は候補6作品に関係したお知らせなど。


1、2009年本屋大賞ノミネート作発表

公式HPで2009本屋大賞ノミネート策が発表されていました。
ノミネートされたのは以下の作品です。(作品名五十音順)

『悼む人』著/天童荒太(文藝春秋)
『告白』著/湊かなえ(双葉社)
『出星前夜』著/飯嶋和一(小学館)
『ジョーカー・ゲーム』著/柳広司 (角川書店)
『新世界より』貴志祐介(講談社)
『テンペスト』池上永一(角川書店)
『のぼうの城』和田竜 (小学館)
『ボックス!』百田尚樹(太田出版)
『モダンタイムス』伊坂幸太郎(講談社)
『流星の絆』東野圭吾(講談社)

2009大学読書人大賞の候補作の一つである『告白』、同じく候補作である『容疑者Xの献身』の著者・東野圭吾さんの『流星の絆』が入っていました。
(湊かなえさんの『少女』も発売されましたね)
今年度の本屋大賞に輝くのはどの作品でしょうか。
大学読書人大賞の結果も期待してくださいね!


2、「アーキテクチャと思考の場所

1月28日に『ゼロ年代の想像力』の著者である宇野常寛さんが、「アーキテクチャと思考の場所」という講演会に出演されるそうです。
時間は17時30分~20時30分、場所は東京工業大学の大岡山キャンパス。

宇野常寛さん以外の講師として、浅田彰さん、磯崎新さん、濱野智史さん、宮台真司さん、東浩紀さんも出演されるようです。
『ゼロ年代の想像力』で推薦文を書こうと思っているサークルは、ちょっと覗いてみるのも手かもしれませんね。


3、『とらドラ!』第2巻特装版に田中ロミオさんが!
電撃大王で連載中の『とらドラ!』第2巻特装版に、特典小冊子がついてくるそうです。
発売日は明後日のようです。
『AURA』を読んで田中ロミオさんに夢中な方は買ってみてもいいかもしれません。
もちろんその後は推薦文を応募しちゃいましょう。


以上、大学読書人大賞とは直接の繋がりはないですが、著者の方々の活躍でした。
大学読書人大賞を通じて、皆さんに好きな作家さんが増えればいいなーと思っています。

次回は本と珈琲、本とお酒などについてお話します。
推薦文の〆切まで残りわずか。気合入れていきましょう!

(矢作)

推薦文〆切まであと11日!

こんにちは。委員の矢作です。

推薦文〆切まであと11日です!

大学読書人大賞への参加は推薦文投票からでも可能です。
一次投票を行わなかったサークルも大歓迎!

・公開討論会まで残れば図書カード3~5万円が手に入る。
・あの人気作家さんと交流ができる。
・文芸サークルどうしの交流ができる。

そんな大学読書人大賞を、皆さんで盛り上げていきましょう!


今日は雑司が谷で行われた古本市についてお話します。

先日1/10に雑司が谷にある古書往来座外市が行われました。
わめぞ協賛のイベントのようです。東京は元気がある古本屋が多くていいですね。
ちょうど本が欲しかったところなので、友人と行ってきました。

当日は風が強く、次の日は体調を崩してダウンしてしまったんですが、とても面白かったです。各古本屋の店主さんが古本を持ち寄っていて、去年の10月に参加した「一箱古本市」を思い出しました。

手に入れた本は以下の通り。

『LUCKY STORY』
『雑多なアルファベット』エドワード・ゴーリー
『古典新訳の発見』光文社翻訳出版部・編
『饗宴』プラトン
『デイジー・ミラー』H・ジェイムズ
『シルヴィー・とブルーノ』ルイス・キャロル
『現代スイス短篇集』スイス文学研究会・編
『小説の精神』ミラン・クンデラ
『笑いと忘却の書』ミラン・クンデラ
『サリンジャー選集2 若者たち<短篇集Ⅰ>』
『サリンジャー選集3 倒錯の森<短篇集Ⅱ>』
『ルバイヤート』オマル・ハイヤーム
『族長の秋』ガルシア=マルケス
『モモ』ミヒャエル・エンデ
『アップルパイの午後』尾崎翠

しめて8000円超。
『百年小説』より値段いってますね。やってしまった。

ちょっと気になっているのは、『LUCKY STORY』という本。
LUCKY STRIKEに関係があるみたいなんですよね。村上龍さんの小説も載っているし。
何かのキャンペーンで配布されたのでしょうか?
詳細を知っている方、ご一報下さい。

古本市の後は雑司が谷霊園に行きました。
夏目漱石、泉鏡花、小泉八雲の墓前で手を合わせました。
三鷹の禅林寺より雑然としていて趣がありましたよ!
サークルの新歓で行ってみても良いかもしれませんね、なんて。

次回は本屋大賞などについて話します。

(矢作)

推薦文〆切まであと14日!

こんにちは。委員の矢作です。

推薦文〆切まであと14日です!

繰り返しになりますが、大学読書人大賞への参加は推薦文投票からでも可能です。
一次投票を行わなかったサークルも大歓迎!

公開討論会まで残れば図書カード3~5万円が手に入る。
あの人気作家さんと交流ができる。
文芸サークルどうしの交流ができる。
そんな大学読書人大賞を、皆さんで盛り上げていきましょう!


今日は1/14に行われた懇親会について簡単に報告します。
この懇親会とは、2009大学読書人大賞の候補6作品の担当編集者と大学生が、出版クラブ会館で交流するという企画です。
出張のため『容疑者Xの献身』の担当編集者は欠席でしたが、とても刺激的な懇親会でした。

形式は、
1、担当編集者による簡単なスピーチ
2、会場からの質問
3、立食形式で担当編集者と交流
というものです。

スピーチ、質問では興味深い話が聞けました。
田中ロミオさんの執筆に対する姿勢や、『告白』が生まれた経緯、舞城さんがサインの時に「舞城王犬郎」と書いてしまったこと、評論にもかかわらず大きな反響を生んでいる『ゼロ年代の想像力』、『とある飛空士への追憶』のイラストについて。
今まで編集したことがある、他の作家さんの話もありましたよ!

立食形式の交流会では、大学生が担当編集の方に質問の矢を浴びせている光景があちこちで見られました。
その質問に対し丁寧に答える担当編集の方の姿が印象的でした。
大学生はもちろん、担当編集の方もいい刺激になったのではないかと思っています。
貴重な時間をありがとうございます!

次回は雑司が谷で行われた古本市についてお話します。

(矢作)

推薦文募集中!!!

こんにちは。委員の矢作です。

推薦文の締め切りは2月1日(日)です。

あと15日で候補6作品の応援団が揃う事になります。
推薦文の執筆は進んでいますか?
好きな作品であればあるだけ、筆は思うように進まないと思います。
そういう時は頭を冷やすのが一番。
サークル仲間の意見を聞いたり、もう一度候補作を読み返したり。
他の候補作を読んでみるのもいい刺激になると思いますよ!

なお、大学読書人大賞への参加は推薦文投票からでも可能です。
一次投票を行わなかったサークルも、さいきん大学読書人大賞の存在を知ったサークルも大歓迎です!

公開討論会まで残れば図書カード3~5万円が手に入ります。
作家さんと交流もできます。
皆さんの、魂のこもった推薦文をお待ちしてます!

明日は1/14に行われた懇親会について報告します。

(矢作)
« 2008年12月 | トップページ | 全ての記事 | 2009年2月 »