« 推薦文〆切まであと11日! | トップページ | 全ての記事 | 推薦文〆切まであと6日! »

推薦文〆切まであと7日!

こんにちは。委員の矢作です。

推薦文〆切まであと7日です!

推薦文の進行はどうでしょうか?
期限を過ぎては元も子もありません。あとは送るだけの状態なら、今すぐ応募フォームへどうぞ!

また、大学読書人大賞への参加は推薦文投票からでも可能です。
一次投票を行わなかったサークルも大歓迎!

・公開討論会まで残れば図書カード3~5万円が手に入る。
・あの人気作家さんと交流ができる。
・文芸サークルどうしの交流ができる。

そんな大学読書人大賞を、皆さんで盛り上げていきましょう!


今日は候補6作品に関係したお知らせなど。


1、2009年本屋大賞ノミネート作発表

公式HPで2009本屋大賞ノミネート策が発表されていました。
ノミネートされたのは以下の作品です。(作品名五十音順)

『悼む人』著/天童荒太(文藝春秋)
『告白』著/湊かなえ(双葉社)
『出星前夜』著/飯嶋和一(小学館)
『ジョーカー・ゲーム』著/柳広司 (角川書店)
『新世界より』貴志祐介(講談社)
『テンペスト』池上永一(角川書店)
『のぼうの城』和田竜 (小学館)
『ボックス!』百田尚樹(太田出版)
『モダンタイムス』伊坂幸太郎(講談社)
『流星の絆』東野圭吾(講談社)

2009大学読書人大賞の候補作の一つである『告白』、同じく候補作である『容疑者Xの献身』の著者・東野圭吾さんの『流星の絆』が入っていました。
(湊かなえさんの『少女』も発売されましたね)
今年度の本屋大賞に輝くのはどの作品でしょうか。
大学読書人大賞の結果も期待してくださいね!


2、「アーキテクチャと思考の場所

1月28日に『ゼロ年代の想像力』の著者である宇野常寛さんが、「アーキテクチャと思考の場所」という講演会に出演されるそうです。
時間は17時30分~20時30分、場所は東京工業大学の大岡山キャンパス。

宇野常寛さん以外の講師として、浅田彰さん、磯崎新さん、濱野智史さん、宮台真司さん、東浩紀さんも出演されるようです。
『ゼロ年代の想像力』で推薦文を書こうと思っているサークルは、ちょっと覗いてみるのも手かもしれませんね。


3、『とらドラ!』第2巻特装版に田中ロミオさんが!
電撃大王で連載中の『とらドラ!』第2巻特装版に、特典小冊子がついてくるそうです。
発売日は明後日のようです。
『AURA』を読んで田中ロミオさんに夢中な方は買ってみてもいいかもしれません。
もちろんその後は推薦文を応募しちゃいましょう。


以上、大学読書人大賞とは直接の繋がりはないですが、著者の方々の活躍でした。
大学読書人大賞を通じて、皆さんに好きな作家さんが増えればいいなーと思っています。

次回は本と珈琲、本とお酒などについてお話します。
推薦文の〆切まで残りわずか。気合入れていきましょう!

(矢作)