« チラシ詰めしてきました。 | トップページ | 全ての記事 | 春 »

こんばんは

 こんばんは。実行委員の大西です。

 今日は会議でした。公開討論会に向けて、準備がどんどんとすすんでいます♪♪楽しみですね^^是非みなさんご参加下さい^^

日時:4月25日(日) 14:00~16:00

会場:明治大学(駿河台キャンパス)リバティタワー

討論者: 『あるキング』 成城大学文学研究会

      『1Q84 BOOK1・2』 一橋大学文芸部

      『植物図鑑』     中央大学文学会

      『ボトルネック』   明治大学ミステリ研究会

      『夜は短し歩けよ乙女』 慶應義塾大学三田文学塾生会 

 

 さて、先日お伝えした文芸サークルさんからのオススメ本&レビューですが、早速レスポンスをいただきました!!

 今回いただいたサークルさんは、新潟大学読書クラブさんです♪

タイトル:『地の漂流者たち』
著者名:沢木耕太郎     

      私達は時代の中に生きている、そして時代を自分の足で歩いてくのだ。

 ルポライターを志したばかりの20代の著者が、自分の目と耳で情報収集し、自分の足で1970年代の社会を漂流するかのように取材した『地の漂流者たち』。この本には、自衛隊、アングラ演劇、ピンク映画、零細工場等々で生きる、無数の若者が描かれている。

 2010年代で20代である、もしくは20代になる私達大学生は、その1970年代に生きた無数の若者という鏡を通すと、どのような思いで自分を見つめるのだろうか?

 

 読書クラブさん、ありがとうございました。同じ若者の眼を通して、違う時代を見つめる。違う世界と、ほんの少しの共通点。

 大学生というのは、色々な違う世界を見つめることで、自分を知る。そんな期間だと私は思います。この機会に、1970年代の世界に身を投じてみるのもいいかもしれないですね(*´∇`*)

 

 このブログでは、まだまだ全国の文芸サークルさんからのお勧め本&レビューをご紹介していきたいなと思っております!!

 お勧めの一冊がありましたら、どうぞこちらまでdokushojin@jpic.or.jpレビューを添えてお送りください。 (※サークル単位で一冊お送りください)

 

 では、またの機会に^^(大西)