2010年9月の記事一覧

秋の夜長といえば......

いつだったかの雨の日を境に、すっかり秋めいてきましたね。
秋の夜長といえば、読書! 読書といえば大学読書人大賞! ということで、みなさんがこの秋、素敵な本に出会われたら是非是非大学読書人大賞へお寄せください。

はじめまして! 法政大学文学研究会の宮川です。
先日の飯島先輩に続いて、法政文研からの更新となります。


さて最近、ポイントカードを発行する書店さんが増えていますね。
書店の戦略にまんまとハマるように、私も多少遠くともポイントカードを持っている書店へと行く機会が増えたように思えます。そして受け取ったレシートに書かれたポイント数が増えていくことが密かな幸せであったりもします。(私の所持ポイント数はそんなに高くないですが......)
世の中には古本なんてものもあるのですが、どうしても新品がいい! という私の書籍購入費は当然古本屋を利用するより高く、調べてみるとどうやら生活費を圧迫しているようなのです。
貧乏学生が生活費を削ってまで読書に勤しむ......なんという美談でしょうか、しかし私の友人たちはそんな私の金遣いを批判するのです、図書館を利用しなさい! と。
しかし私はこう反論します、図書館では読んだ本を並べることができない!

本を読んだとき、読み終わったときの気持は、最後の頁を読み終わり本を閉じると一緒に閉じ込められて本棚でずっと眠っているのです。そしてふと手にとってパラパラと頁を捲ったとき蘇るのです。その気持は経年ととも幾分か色あせているわけですが、その色を取り戻そうと必死に読めば新しい色がのる、素敵だと思いませんか? だから読んだ本は目の届くところに並べておきたい(或いは床に無造作に散らかしておきたい)のです。
と言い終わる頃、友人たちが呆れてかえっているのは言うまでもありません。

学生ブログ次回の更新をお楽しみに!

こんばんわ

どうも皆さんはじめまして。
今年の大学読書人実行委員会書記になりました、法政大文学研究会二年の飯島です。どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m
 

もう九月が終わりますね、あの凄まじかった暑さが彼岸を境にすっと引いて一気に気温が寒くなったのは慣用句通りすぎてちょっと驚きでした。昔の人すごい。ところで、皆さんの中には電車で通学しているという方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。電車に乗っていると、鞄に忍ばせておいた文庫本を読んでいる方を大学生に限らず見かけます。たまにハードカバーを鞄に隠し持つ強者もいますね。

私も電車通学なのでそうしたいのですが、三半規管が大変弱いのか本の活字を追っていると高確率で乗り物酔いしてきます。そうなるともう読書どころではなく、途中の駅なのに下車したくなってきます。
なので、電車ではあまり本を読まないようにしていますが、毎日毎日乗換含めて一時間以上ぼーっとしたりあまつさえ眠ったりして過ごすのはさすがにどうなんだろうと思い、ぺらぺらと捲って読んだり眺めたりできる文庫本を本棚から選んで学校へ持って行きます。
最近は北村薫さん・おーなり由子さんの「月の砂漠をさばさばと」を読み直そうと、鞄へ。可愛らしい挿絵を見、お話を読みとページを行きつ戻りつ電車に揺られています。
ちなみに、この文庫本は三人の手を経由して私の本棚にやってきました。表紙の角が傷ついています...。
面白かったよお勧めだよ、貸そうか?いいよいいよあげるあげるというやり取りがあったのだろうと勝手に想像。

 

 さて、多少強引な繋がりになってしまいましたが。

文芸サークルの皆さんから今の大学生に向けてお勧めしたい本に今年選ばれるのはどんな作品でしょうか?

それぞれとっておきの本を携えて今年度大学読書人大賞、奮ってご参加ください。

初めまして!

皆さん初めましてこんばんは。

2011年度の大学読書人大賞で副委員長を務めさせて頂くことになった新田と申します。

夏休みが終わって後期授業課程が始まるのと同時に大学読書人大賞の活動もどんどん活発化してきました。とても忙しい中暇を探しては少しでも文学に触れようと考えている次第です。

 

元々大学の講義に真面目に向き合うことがない僕としては、この時期読書時間はもっぱら授業中になるのですが、そんな中最近何度も読み返している本に平野啓一郎『葬送』という10年前の作品を何度も読み返しています。

この作品はとても文量が多い作品で、読むのに苦労しそうだと思っていたら、丁寧に作りこまれていてすぐその文章に引き込まれてしまいとても個人的に満足のいく作品でした。

 

後、個人的に興味のある作品があって、村上龍『歌うクジラ』なんですか、作品がiPad向け電子書籍でしかリリースされていないということで読みたくても読めないという状況に陥ってます。

紙媒体の単行本で発売されるより先に電子書籍として配信することは、とても今の出版業界の中でも珍しいことで、このような新しい取り組みなどはどんどんやるべきだと考える一方で、ただ作品を早く読みたいと思っている僕としては複雑な心境です。

 

さてさて、明日は祝日で学校もないのですがとてもゆっくりできる状況ではない僕ですが、大学読書人大賞の方も他の委員と共に、一生懸命取り組んでいきたいと思います。皆さんからの熱い思いのこもった投票をお待ちしています。

 

iPadが欲しい・・・

りーどみーキャラクターの名前募集!!!!

こにゃにゃちわ!!

いえ、こんにちは。
大西です。

さて、大学読書人大賞で出している機関誌「りーどみー」に登場するキャラクターをみなさん御存じですか??
なんともいえない哀愁とユルさを醸し出し、異彩を放つ!あのキャラクターです・・・
そう!登場以来、実行委員が集まる会議でも話題をかっさらい、
女子委員の中でも黄色い声援「キャーキャー!」を受け続ける、あの、あのキャラクター・・・
(一部盛りましたすみません)

その名も・・・っ!!
・・・・・・・
・・・・その名も・・・・
・・・・・・・
他の委員「ポカーン」
私「・・・・っ」(く、くそぅっ!)

まぁ、なんやかんやありまして、

あのキャラクターに名前をつけようじゃないか!!

(わぁ・・・っ!!それってステキ!!)←心の声


と、いうわけで、募集します。
みなさん、名前を考えて、より愛でていきましょう!!

まだどのキャラクターか分からないという方、HPよりりーどみーをご覧ください。

締切:9月30日
応募は、こちらまで!(dokushojin@jpic.or.jp)
(大西)

2011大学読書人大賞がやってきます!

お久しぶりになってしまいました。
2011大学読書人大賞がまた始まります!!


さて、この夏休み、もう終わるところですが、いかがお過ごしでしたか??
雨も降らず、本当に暑かったですよね(^^;
と、いうわけで、みなさん家でクーラーに守られながら今年も本を読んだのであろうと!!
そう期待しているわけであります!!

私も今年の夏はクーラーが一日中ついた部屋で、本を・・・本を・・・ゲームしました・・・。くぅっ
いや、言い訳をさせていただくと!
最近私、gossipgirlという海外ドラマにハマっておりまして・・・。
原作を読んでみようと思いまして、慣れない英文に挑戦してるのです!

・・・・が、進まない・・・く、悔しい・・・っ

などと思いつつ、グダグダと夏を過ごしていたら、
先日、2011大学読書人大賞新実行委員での会議がありました!
というわけで、新委員長に就任致しました、立教大学文芸思想研究会の大西蘭子です。
(前フリが長くてすみません^^;)
この新しい委員と、これからも大学読書人大賞をますます盛り上げて参ります!

HPも引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m

これからもますますがんばっていきますので、よろしくお願いします。

ではまた!

(大西)



« 2010年5月 | トップページ | 全ての記事 | 2010年10月 »