« 学園祭 | トップページ | 全ての記事 | 読書人大賞キャラクター名決定! »

もう11月も半ばですね

こんばんは、近頃暖かい日が続いていますね。学園祭にはもってこいの天気です。

はじめまして、一橋大学文芸部の城下です。

 

あちこちの大学の学園祭を回ると、模擬店でおいしそうな食べ物が並んでいます。良いにおいにつられて、思わずサイフの紐も緩んじゃいますね。

学園祭といえば模擬店や出し物の以外にも、ライブや講演など普段は見れないようなものもやっていますね。本好きの僕は作家の講演があるとすごく気になります。

 

作家さんの講演会は、例えば以前このブログでも紹介されてますが、中央大学では芥川賞作家の平野啓一郎氏が講演してます。他にも実行委員のいる大学では、法政大学で「悩む力」の姜尚中氏、早稲田大学で推理作家の石持浅海氏が講演なさってます。小説からはわからない作家の話し方や姿などが講演で見れると思うと、ファンとしては行かずにはいられないです。

 

早稲田大学と同時期に学園祭をしていた僕の一橋大学でも、推理作家の霧舎巧氏がいらしてました。講演を一番近くで聞いてた僕でしたが、トリックの解説や伏線についてなど文芸部の一人としてすごくためになる話を聞けてうれしかったです。

 

そういえば、霧舎さんの講演は同じく推理作家である黒田研二さんのTwitter上で紹介されていたとか。こういう情報を入手できると読者としてはうれしいですよね。読書人のTwitterでも紹介できればいいかな・・・と勝手に思っちゃいます。

(ちなみにまだ文化祭が終わっていない大学だと、慶應義塾大学で「亡国のイージス」の福井晴敏氏が講演するとか。ぜひ行ってみたいです。)

プチ情報を最後に入れつつ、今日はもうこの辺で。それでは次回の更新をお楽しみに!