« 学祭回り | トップページ | 全ての記事 | はじめまして »

神無月も終わるころですが

こんにちは、2013年度副委員長になりました、中央大学の宝泉(ほうせん)貴之と申します。
苗字ははもっと難しい漢字で書くのですが、パソコンだと一発で変換できない!というわけで、簡単な方の漢字を使わせていただいている程度にはものぐさです。申し訳ねぇ。
電車の中で本を開けば20分経たずに寝てしまうので、いつでも遅読です。図書館なんかで読んでても、普通の人よりも読むのが遅いです。
なんだか本の方から門前払いを食らっているような気さえしてきますが、なんたらの横好きというやつでございますので、今日も鞄の中になにか1冊忍ばせておく次第です。

さて私の話はここまでにしておいて、学祭周りの話をしたいと思います。
前の2回も学祭周りの話じゃねぇかと思ったそこな御仁、堪忍してください。気のせいだと思ってください。

10月は、拓殖大学文学研究会さんと、白百合女子大文芸部さんにお邪魔させていただきました。
どちらの大学も、緑が濃くて、まぁ目に沁みる(疲れ目)。
たどたどしい私の説明を、どの方も最後まで聞いてくださって、本当に嬉しい次第です。色よい返事もいただけました。
特に白百合女子大なんか、私一人で行ったものですから、まず守衛さんにつまみ出されるんじゃないかと思いましたが、全然そんなことはなかったので安心です。けどそのあと女子大の空気にアてられて妙なテンションになっていたのは秘密だ!構内に男子少ないから肩身狭いぜ!
それでも何とかなるのですから、人間何でもやってみるものです。

もう10月も終わりますが、11月も学祭はありますし、何と言っても11月には文学フリマがあります!
こちらの方にもお邪魔させていただく予定なので、よろしくお願いします~。
Twitterもバンバン動いていますので、そちらの方もぜひチェックを!
ではでは。