« はじめまして | トップページ | 全ての記事 | もうすぐ一次投票 »

メッタ斬り!に再会!

ご挨拶も前置きもなしで行きます!

11月3日、江戸川区の松江図書館で行われた

「書評家の本棚デラックス  泣く子も唸らす、この一冊~メッタ斬りコンビ見参!」

に行ってきました!。" ゜☆,。・:*:・゜★o(´▽`*)/♪♪\(*´▽`)o゜★,。・:*

「文学賞メッタ斬り!」とは、大森望さんと豊崎由美さんによる、

芥川賞・直木賞の「予想会」と「反省会」です。

W受賞までピッタリ的中するときもあるんですよ!

わたくしはメッタファンです。ええ。毎回ラジオも書籍版もチェックしてます。

 

前半は「直木賞のすべて」というサイトを運営されているP.L.B.さんを交えての豪華鼎談

「直木賞の全て」とは直木賞に関する、

ありとあらゆるデータが全て揃っている、非公式の神サイトです!

選考委員研究、歴代受賞者研究、大衆選考会なんかもやってらして、

論文100枚以上書けるんじゃないかって位とにかくすごい充実度です。

(サイトURL:http://homepage1.nifty.com/naokiaward/)

その直木賞博士P.L.B.さんとメッタ斬りコンビから一目置かれていた作家さんが、

飯嶋和一です。時代小説では当代随一だそうです!

大森望さん曰く、「人気作家のAさんもそろそろ直木賞とりそうだけれど、飯嶋さんのいない世界ではかなりお上手だし面白いけれど・・・」

豊崎さん「飯嶋さんのいない大会では優勝できるんだ!」笑


文学賞談義を聞くと、とても勉強になりますね~

候補作にその文学賞の98%があるそうです!

うーん背筋が伸びる思いです。

結果が信頼されるのはもちろん、たくさんの方に楽しみにしてもらえる賞をめざし、がんばらねば!


休憩はさみ、後半はメッタコンビお二人での文学談義です~

さて、お二人のオススメ本は、

約20冊ずつ、リストが参加者に配られたのですが、

すべて2011年7月以降に刊行されたものなのです・・・

(読書人大賞の公平を期すため、選考対象作をひいきしてはならんのです;_;)

数少ないですが大丈夫なのをいくつかご紹介します!

・豊崎さん

ブエノスアイレス食堂』 カルロス・バルマセーダ 

軍事政権を背景に猟奇的事件を描いた、アルゼンチン・ノワール」の旗手による異色作。

これが見納め 』 ダグラス・アダムス、ほか

界中の絶滅危惧種を見るという旅の出た筆者。

小気味よいウィットと諧謔で語られる名作ノンフィクション。

序文はかの有名なリチャード・ドーキンス博士!


・大森さん 

闇の国々』 ブノワ・ペータース作、フランソワ・スクインテン画 

バンドデシネとは、フランス語圏で読まれるマンガの総称。

フランスでは"第九芸術"と称されるほど芸術性の高いフレンチ・コミックで知られる世界です。

そんなB.D.界の巨匠による至高の一品。


休憩時間にあつかましくも豊崎さんに話しかける森本・・・*゚ロ゚)*゚ロ゚)*゚ロ゚)ノ~

現在実行委員で企画進行中の、読書人講演会について、

豊崎さんイチオシかつ「大学生対象の講演会にふさわしい」書評家さんを教えてもらったり・・・

「運営がんばってね」とまで言ってもらい・・・わたしは、図太い自分の神経がスキです(  ´  ∇  `  )ノ ♪


ほかにも文壇のイケメンと美人を検討したりーやはりイケメンは島田雅彦でした!

美人作家は何人か名が上がるなか、川上弘美さんが優勢でしたね。


後半、「うまい短編とは?」についてのお話も興味深かったです。

大森さんは、「発想とアイデア、読後感」。例えばシオドア・スタージョン 

豊崎さんは、「一つの作品に、近景と遠景があるもの」。「『いま、ここ』と『かつてどこか』が描かれているもの」。

うーんなるほど・・・日本の短編名手は、豊崎さん推しは堀江敏幸とのこと。

芥川賞選考委員の新入り君ではないですか!(教授、失礼でごめんなさい)

そんなこんなで、とてもタメになる上に笑いもあって楽しいひとときでした。

さてっ、あと3週間ほどで一次投票の締切りがやってきます!

そのあとは講演会もありますよー!どうぞよろしくお願いいたしますー!

(森本)