« 推薦文紹介① | トップページ | 全ての記事 | 推薦文紹介③ »

推薦文紹介②

こんにちは
(✿^_^)。₀: *゚✲ฺ読書人大賞では、ただいま3次投票受付中*:₀☆:*・゚

締め切りは3月1日(金)の正午です!

読書人大賞のホームページでは皆様からの推薦文を公開中です。ぜひすべてに目を通してご投票下さい!
推薦文はこちらからどうぞ→ttp://www.jpic.or.jp/dokushojin/kouho/2013/

先日、「どこのサークルが書いた推薦文なのかをホームページ上に明記してほしい」という要望が寄せられましたが、公平性を欠く恐れがあるため残念ながら答えられませんm(_ _)m
なので、自分のサークル員が書いたものに投票してしまうかも(;´∀`)という場合は、サークル内で情報を共有してから投票をお願い致します。

さてさて今回も推薦文の届いた作品を紹介しちゃいます
『マツリカ・マジョルカ』と『ふたりの距離の概算』は、続きを読むから☆→→

『マツリカ・マジョルカ』

マツリカ・マジョルカ
相沢沙呼 角川書店 1,575円(税込)

『マツリカ・マジョルカ』に届いた推薦文はこちら★

柴山祐希、高校1年生。冴えない学園生活を送っていたが、廃墟に住む妖艶な美少女マツリカと出会う。彼女に翻弄されつつ、学園の謎を調査することに――。

(❀╹◡╹).。oO(「姉さん、大変です。僕は今、原始人を捜しています―。」ってなんなんだ...!表紙の絵も魅力的です)


『ふたりの距離の概算』

ふたりの距離の概算

米澤穂信 角川文庫 580円(税込)

『ふたりの距離の概算』に届いた推薦文はこちら★

春。神山高校古典部にも一年生が入るが、ある日突然謎の状況と共に入部を取りやめてしまった。一体何が原因だったのか? 奉太郎は推理する。マラソン大会の20kmを走りながら。

(❀╹◡╹).。oO(古典部シリーズ第五弾です!アニメ氷菓を見たならこちらもどうぞ)


(仲野)