« 推薦文紹介⑦ | トップページ | 全ての記事 | 推薦文紹介⑨ »

推薦文紹介⑧

好きな波紋使いはトンペティ老師です(挨拶)。副委員長の宝泉です。
今日は2月14日は、教皇グレゴリウス7世が神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世を破門した日らしいですね。世界史でおなじみ叙任権闘争の一環です。これから、かっこいい世界史ワード屈指の「カノッサの屈辱」につながっていくわけですね。

雪の中で3日3晩立ち続けるとかすごい根性ですよね。自分もその根性を見習って、真綿で首を絞めるような、緩慢な死が自分を蝕んでいく感覚さえする今日を乗り切りたいと思います(スーパーで買ったチョコを貪りながら)



前置きが長くなりましたが、推薦文の紹介です!



『JORGE JOESTAR』
舞城王太郎 集英社 1995円
shoei_008-thumb-100x140-928.jpg
無数の世界にわたるディオとジョースター家の因縁の物語が、舞城王太郎の手により時代を時空を超えてここに誕生! 超ド級のジョジョ愛に溢れた空前絶後の「ファン小説」ッ!

『JORGE JOESTAR』に集まった推薦文は→こちら



『屍者の帝国』
伊藤計劃、円城塔 河出書房新社 1890円
shoei_007-thumb-100x143-926.jpg
日本SF大賞作家・伊藤計劃著の未完の絶筆を、芥川賞作家・円城塔が引き継いで完成した本作。秘密諜報員ワトソンの「屍者」をめぐる冒険がいま幕を上げる......。

『屍者の帝国』に集まった推薦文は→こちら


春休みを利用して、候補作も推薦文も読んじゃいましょう!

(宝泉)