2013年11月の記事一覧

一次投票締切まであと☆4日☆

皆さんこんにちは、中央の加藤です!

さてさて2013大学読書人大賞の一次投票締切があと4日後に迫ってまいりました。
皆さん今年の一押し本は既に決まっているでしょうか?
とっくに決まってる!という用意のいい方も、これから読む!という剛の者も、12月1日の締切日でお待ちしています(*・ω・*)b♪
未来で待ってる!!

ところで私のサークルでは毎日机に20個のみかんが出現しています。
後輩が実家から定期的に送られてくる10kgのみかんの処理に困って持ってくるようなのですが、毎日瞬時に消え去っています。
大学生は新鮮な果物に飢えているのですね。私も食べたいのですがいつもいつも食べられた後です......
無念なので今度から30個持ってくるよう後輩に要請しました(((o(*゚▽゚*)o)))
己のみかんの為に後輩の荷物を重くすることに躊躇しない、そんな冬です。

ではでは、締切まで毎日ブログを回して行く予定ですので、明日の記事も楽しみにお待ちくださいませ!(*`・ω・´)ノ

(加藤)

女子大!

はじめまして! 中央大学文学会の松倉珠音です。
私も今年から大学読書人大賞の実行委員となりました。不器用なりに頑張っていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
それでは、学祭まわりのご報告です。

先日、私と先輩は実践女子大学と恵泉女子大学にお邪魔いたしました。どちらの学祭も実に女子大らしい、可愛らしい企画が多数行われており、見て回るだけで女子力を分けていただけるような、そんな素敵な学祭でした。

まず訪れたのは、実践女子大学の現代文学研究部さん。あまり対話が得意でない私の至らない説明を、真摯に聞いていただきました。ありがとうございました!
こちらでは、部誌の販売とおすすめ本のフリーペーパーの配布を行われておられました。どのフリーペーパーも大変熱心に書かれており、本への愛情が感じられるすばらしいものでした(^▽^)

次に訪れたのは、恵泉女子大学の読書会さん。機関誌やブックカバー、しおりの販売を行われておられました。図書館とコラボしたビブリオバトルも開かれたとのことですが、我々がお邪魔した時には既に終わってしまっていました......(´・ω・`)見たかったです。
こちらでも、読書人大賞の説明を熱心に聞いていただきました。ありがとうございました!

学祭シーズンも終盤戦。来年も見据えて、より分かりやすい説明ができるよう精進していきたいと思います。
お邪魔させていただいたサークルの皆様、本当にありがとうございました。投票よろしくお願いします!

(松倉)

神楽月に

皆さん初めまして。青山学院文学散歩の会の高見です。今年から大学読書人大賞に参加させていただくことになりました。よろしくお願いします。
さてこの度、私も学祭回りに行ってきました。今回お邪魔したのは、日本大学と國學院大學。どちらも11月2日~4日での開催でした。

まず最初に行ってきたのは日本大学文理学部の桜麗祭。こちらでは小説研究会の皆さんが会誌「上水文学」の販売をなさっていました。新刊既刊問わず、外装も内容も力のこもったものでした。是非参考にさせていただきたい。大学読書人大賞についての説明も聞いていただけました。突然の訪問で、尚且つ私の方もまるで上手い説明ができませんでしたが、とても熱心に聞いていただけました。本当にありがたいです。

次に訪問したのは國學院大学の若木祭。こちらでは文藝部の皆さんが休憩スペース「お休み処 さぼてん」を開いていました。お茶も出していただいて、10分程度ですが、こちらでゆっくりさせていただきました。またこちらでは部誌「若木分冊」の閲覧も出来ました。
さて肝心の読書人大賞の説明なのですが......こちらの不手際で上手い説明が出来ず申し訳ありません。しかしそれでも部員の皆様には大変丁寧な対応をして頂きました。とても感謝しています。是非とも、参加宜しくお願いします。

今回、私にとって初めての学祭回りとなりましたが......なかなか難しいですね。今後また学祭回りをする時は、今回の反省点を改善して臨んでいきたいです。お邪魔させていただいた各大学のサークルの皆さま、本当にありがとうございました!

(高見)

ビブリオバトル観戦♪

皆さんこんにちは!立教の柿崎ですー(*ノ´Д`)ノ

 

11月初日から数日間、我々実行委員の所属する各大学文芸サークルが学祭で忙しいながらも、はりきって学祭まわりしてます。みなさんのところにはもうご挨拶に参りましたでしょうか?(^ω^)

そんななか、今日は大学生協およびリーダーズネットワークさんの運営するビブリオバトル関東地区予選&代表決定戦を観覧してまいりましたー!昨年に引き続き、読書に携わる活動をする団体として、互いに協力し合っていければと思っております(`・ω・´)

 

そんなん知ってるよ!と言われるかもしれませんがとりあえず説明しておきますと、ビブリオバトルとは5分間でおすすめの本について紹介し、その後2、3分のディスカッションを経て、「その紹介を聞いて一番読みたくなった」本を選ぶというものです。本日は地区予選でしたので、きたる11月24日の首都決戦にむけての代表選考も兼ねていました。

 

はばかりながら(笑)、わたしはビブリオバトルに関する予備知識があまりなく、ふらっと見に行ったのですけれども、まず手元になんにも用意せずに喋るというルールを知らずにいたのでものすごくびっくりしました←

5分間って大盛りカップラーメンを待ってる時はあんなに長いのに、本について熱く語ってる時間ってなんて短いんでしょうね。短い時間をつかって最大限に本の魅力を伝えるため、参加者の方たちはジェスチャーを交え、ときには本の一節を朗読して熱戦を繰り広げていました。会場からも質問が飛び、(いろいろと)濃い参加者の皆さんの語りに笑いに包まれることもありました。

大学読書人大賞もジャンルを問わずに募集するものではありますが、やはりビブリオバトルにおけるジャンルの幅広さには脱帽しますね。なお本日優勝された方は、『生物学的文明論』という、堅そうなタイトルの本を、エピソードを交えつついかに読みやすいかを強調していらっしゃいました(*´ω`*)理系っぽいことはほんとにダメダメな私でも読もうかと思ったくらいです。

 

なおこのあとの懇親会にも(参加者でなかったにもかかわらず)参加させていただきました!誰に話しかけていいかわからずにサンドイッチをひたすら口に運ぶという間抜けっぷりでしたが、幸いにも皆さんが気さくに好きな作家の話などを振ってくださったので楽しく過ごすことができました(*´ω`*)りーどみーも!もらっていただけて!嬉しい!

 

本日はありがとうございました(人´ω`*).☆.。.:*・゜これにて!

 

(柿崎)

 

犯人は......!

 こんにちは! はじめまして、法政大学文学研究会の簑島麻佳です。今年から大学読書人大賞の実行委員になりました。みなさんと一緒に盛り上がっていけたら嬉しいです。がんばります!

 私もついに学祭回りデビューです! 白百合女子大学にお邪魔しました。明るく開放感のある雰囲気で入ったときから楽しみでドキドキしました。
 推理小説研究会におじゃましました。ミステリアスな雰囲気だけれど、とっても優しく接してくださって嬉しかったです。こちらの展示は、事件の概要を読んで実際に推理をするというもの。うかがってみてびっくりしました。事件も本格的。難易度もかなり高い。なのに犯人をきいたら納得......とにかく質が高い! その様子がこちらです。(撮影に快諾してくださってありがとうございました)
IMG_8792.jpg
IMG_6917.jpg

 ね! 本当に推理小説の中に入ったみたいでしょ! 某有名ドラマのBGMも採用していたり、部員の方に「この小説なんですけど......」と話を振ったら語ってくださったり......常連の方もたくさんいらっしゃるようで、みなさんとお話できてとっても楽しかったです。大学読書人大賞のこともお話いただき、ありがとうございました! 今年も是非参加をよろしくお願いします。
 とっても素敵な展示と楽しい時間をありがとうございました! 来年の学祭も楽しみにしています!   (簑島)
« 2013年10月 | トップページ | 全ての記事 | 2013年12月 »