« 犯人は......! | トップページ | 全ての記事 | 神楽月に »

ビブリオバトル観戦♪

皆さんこんにちは!立教の柿崎ですー(*ノ´Д`)ノ

 

11月初日から数日間、我々実行委員の所属する各大学文芸サークルが学祭で忙しいながらも、はりきって学祭まわりしてます。みなさんのところにはもうご挨拶に参りましたでしょうか?(^ω^)

そんななか、今日は大学生協およびリーダーズネットワークさんの運営するビブリオバトル関東地区予選&代表決定戦を観覧してまいりましたー!昨年に引き続き、読書に携わる活動をする団体として、互いに協力し合っていければと思っております(`・ω・´)

 

そんなん知ってるよ!と言われるかもしれませんがとりあえず説明しておきますと、ビブリオバトルとは5分間でおすすめの本について紹介し、その後2、3分のディスカッションを経て、「その紹介を聞いて一番読みたくなった」本を選ぶというものです。本日は地区予選でしたので、きたる11月24日の首都決戦にむけての代表選考も兼ねていました。

 

はばかりながら(笑)、わたしはビブリオバトルに関する予備知識があまりなく、ふらっと見に行ったのですけれども、まず手元になんにも用意せずに喋るというルールを知らずにいたのでものすごくびっくりしました←

5分間って大盛りカップラーメンを待ってる時はあんなに長いのに、本について熱く語ってる時間ってなんて短いんでしょうね。短い時間をつかって最大限に本の魅力を伝えるため、参加者の方たちはジェスチャーを交え、ときには本の一節を朗読して熱戦を繰り広げていました。会場からも質問が飛び、(いろいろと)濃い参加者の皆さんの語りに笑いに包まれることもありました。

大学読書人大賞もジャンルを問わずに募集するものではありますが、やはりビブリオバトルにおけるジャンルの幅広さには脱帽しますね。なお本日優勝された方は、『生物学的文明論』という、堅そうなタイトルの本を、エピソードを交えつついかに読みやすいかを強調していらっしゃいました(*´ω`*)理系っぽいことはほんとにダメダメな私でも読もうかと思ったくらいです。

 

なおこのあとの懇親会にも(参加者でなかったにもかかわらず)参加させていただきました!誰に話しかけていいかわからずにサンドイッチをひたすら口に運ぶという間抜けっぷりでしたが、幸いにも皆さんが気さくに好きな作家の話などを振ってくださったので楽しく過ごすことができました(*´ω`*)りーどみーも!もらっていただけて!嬉しい!

 

本日はありがとうございました(人´ω`*).☆.。.:*・゜これにて!

 

(柿崎)