« 一次候補作紹介! その7 | トップページ | 全ての記事 | 一次候補作紹介! その9 »

一次候補作紹介! その8

少し過ぎちゃいましたが、皆さんはクリスマス楽しく過ごせましたか?

委員の長谷川です。では、候補作の紹介をさせていただきます。

 

『クォンタム・ファミリーズ』

クォンタム・ファミリーズ.jpg

東 浩紀 
河出文庫 798円 
2013年2月刊

2035年=未来の娘から届いたメールがすべ
ての始まりだった。批評家・東浩紀の小説第
1作にして第23回三島由紀夫賞受賞作がつ
いに文庫化。筒井康隆による解説も見所。

 

『昨日まで不思議の校舎』

昨日まで不思議の校舎.jpg

似鳥 鶏 
創元推理文庫 714円 
2013年4月刊


コミカルな学園ミステリ・シリーズ第5弾!
ミステリーの複雑さ、スピード感はシリーズ
の中で一番力が入ってます! 七不思議に興
味がある方は是非、読んでみてください!

 

外はマフラーを巻いて手袋をしても寒いです。

でも、冬の凛とした空気をまっすぐ貫いて生まれた陽だまりを見つけると

体がほのかに温まった気がします。

今年も残りあとわずかになってきました。

今年最後に読む本を是非、一次候補作の中から選んでみてください。

あなたのこころの陽だまりになるかもしれません。

そのあと推薦文を書いてくれると嬉しいです♪

 

(長谷川)