« あけました! | トップページ | 全ての記事 | あけました!その2 »

大学読書人大賞×SF作家クラブ×限界研

あけましておめでとうございます。松倉です。

2014年も、もう10日目ですね! そろそろお正月気分から脱却せねばなりません。迫りくるレポートにテスト......戦の準備を始めなければ、と思いつつもこたつでまどろむ毎日です。

初詣では未吉を引きました。末吉ではなく、未吉です。運勢的には末吉よりも良いそうです。自信を持って正しい道をすすめば幸ありとのことで、今年も精進したいと思います。

 

さてさて、今日は告知です。

大学読書人大賞×SF作家クラブ×限界研イベント

「なぜ大学生はSFに惹かれるのか」

2月9日(日)13:00から、阿佐ヶ谷のロフトAにて開催されます。登壇者は以下の通りです。
司会   ●飯田一史(限界研・文芸評論家)
出演者 ●山田正紀(SF作家クラブ・SF作家)
     ●藤田直哉(限界研・SF作家クラブ・SF評論家)
     ●佐貫裕剛(2012年大学読書人大賞・伊藤計劃『ハーモニー』 推薦者)
     ●大塚雄介(2013年大学読書人大賞・伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』推

      薦者)

入場料は前売りが1500円、当日が1800円となっています。ぜひぜひご参加ください!

 

また、大学読書人大賞1次候補作品の推薦文募集の締め切りは2月1日となっています。

「推薦文って何を書けばいいの?」とお悩みのみなさんは、過去の推薦文を読んでみると参考になるかもしれません。

過去の推薦文はこちらからお読みいただけます。

これから読んでもまだまだ間に合います! 好きな本への情熱を推薦文という形にして、ふるってご応募ください。

委員一同、期待に胸を躍らせてお待ちしています。

 

(松倉)