« 一次候補作紹介☆その4☆ | トップページ | 全ての記事 | 一次候補作紹介☆その6☆ »

一次候補作紹介☆その5☆

今年も残すところ今日をいれて後4日。皆さんいかがお過ごしですか。今日の書き手、法政大学1年の赤羽は慌ただしく過ぎようとする時の流れに完全に置いてけぼりをくらっております。

やらなくてはならないことはたくさん。けれども趣味が、自分を楽しんでからでいいじゃないという。このままじゃあいつまでも今年を終われない。はあ、どうしましょう。

まあ、こんなことはどうでもいいこと。本題の候補作紹介に移りましょう。本日はこの3作品。『小説 言の葉の庭』『ゲームウォーズ(上・下)』『カササギたちの四季』。どうぞ最後までお目通しを。

『小説 言の葉の庭』
小説 言の葉の庭.jpg

新海 誠 KADOKAWA
1,620円 2014年4月刊
雨の日の午前中のみ公園で会う美しい女性に、少年は少しずつ恋に落ちていく。映画では描かれなかった過去や脇役にも大きくスポットを当て「言の葉の庭」はここに完成する。


『ゲームウォーズ(上・下)』
ゲームウォーズ.jpg

アーネスト・クライン SB文庫
各842円 2014年5月刊
ハリデーは、バーチャルリアリティOASISに隠したイースターエッグを最初に発見した者に、莫大な遺産をゆずると遺言した!西暦2041年を舞台としたSFアクションアドベンチャー。


『カササギたちの四季』
カササギたちの四季.jpg

道尾 秀介 光文社文庫 
626円 2014年2月刊
リサイクルショップ・カササギで巻き起こる4つの事件。店長の華沙々木は自信たっぷりに自らの推理を披露するのだが―。道尾秀介が贈る、心温まるユーモア・ミステリー。


大学文芸サークルの皆さんには、候補24作品をお読みいただき、その中で「この1年に最も輝いていた」と思った作品について推薦文をお書きください。各サークル5作品まで、1作品につき1本の推薦文でお願いします。
推薦文は、800~1,600字で書いていただき、応募フォームからお送りください。推薦文の締め切りは1日(土)です。

明日以降の紹介もぜひチェックしてみてください。それでは。

(赤羽)