« 推薦文締め切りまであと2日! | トップページ | 全ての記事 | 推薦文紹介② »

推薦文紹介①

 こんにちは!実行委員一年の髙城です。

 ついについに!!大学読書人大賞の推薦文が出揃いましたねー!
 全国津々浦々、さまざまな大学の読書サークルから集まった珠玉の推薦文の数々。皆さんにはこれらの推薦文の中から、さらにサークルごとに5つを選んで投票していただきます。あ、ちなみに自サークルの推薦文には投票できませんのでご注意くださいね。締切は3月1日です!これが最後の投票参加チャンスなので、奮ってご応募ください!
 なお、応募はdokushojin@jpic.or.jpまでE-mailでお願いします!

 というわけで、これから私たち委員は推薦文を順番に紹介していきたいと思います!毎日更新予定なので見逃さないでくださいね。それでは紹介に移ります。

『いなくなれ、群青』
推薦文No.1-1「つかみどころのない「何か」について」はこちら
推薦文No.1-2「捨象された自己との邂逅」はこちら(ネタバレ注意)
推薦文No.1-3「あなたを捨てたのは、誰?」はこちら
推薦文No.1-4「出会いから始まる物語」はこちら

『虚ろな十字架』
推薦文No.2-1「償うべき人間は誰か」はこちら
推薦文No.2-2「種明かし以上の謎と、謎以上の答え」はこちら

『SF的な宇宙で安全に暮らすっていうこと』
推薦文No.3-1「タイムマシン、ここにあります。」はこちら
推薦文No.3-2「時をかけない大学生」はこちら

 今年もたくさんの推薦文が集まりました!推薦文読んでると、だんだん内容が気になってきてしまいますよね? ほら、だんだんあなたの足は本屋さんへ向かい、候補作に手が伸びーる......。えっ、まだ推薦文全部読んでない?じゃあいつ読むの、今でしょ!!(......。)
 
 明日の紹介もお見逃しなく!

(髙城)

大賞について

「大学読書人大賞」は、全国の大学文芸サークルによる投票と評論と議論によって、「この1年に最も輝いていた本」を選ぶ、年に1度の催しです。

実行委員会

委員長
佐々木拓実
副委員長
簑島麻佳
委 員
高見勇樹、葭村珠音、丸茂智晴、坂上和磨、十文字岳、赤羽亮太、高城奈央

最新の記事

月別アーカイブ