塩の街

  • 『塩の街』

  • 有川 浩
  • アスキー・メディアワークス
  • 1,680円(税込)
  • 2007年6月
  • 塩によって世界中が埋め尽くされる、塩害の時代。崩壊寸前の東京で暮らす男と少女に、運命を変える一人の来客が訪れた……。第10回電撃小説大賞受賞作に大幅な改稿と番外短編を加え、ハードカバーとして新登場。

オマケの世界と恋

推薦文No.1-1
八戸工業大学文芸愛好会

世界が変わったからこそ出会えた男女の恋物語です。二人が出会えたからこそ世界が救われた。世界は二人の恋のオマケで救われただけです。

続きを読む

塩、街、人、愛、生

推薦文No.1-2
埼玉県立大学文藝部

 突然だけれども、人がいっぱい死んで世界が壊滅状態に陥ったらどうなると思う?何を馬鹿な話を、と君は言うかもしれないが、手紙は最後まで読んでくれ。それに、俺が馬鹿なのは今に始まったことじゃないだろ?

続きを読む

現代社会の問題を重ねられる、恋愛物語。

推薦文No.1-3
日本大学法学部文芸創作研究会

アニメ化が決定している、図書館戦争シリーズの著者、有川浩氏のデビュー作に番外編を加えて単行本化したものである。
宇宙から飛来した大きな塩の結晶が次々に人を塩に変え、死に至らしめていく......。「塩害」自分がいつ塩になるかわからない、突然変わってしまった世界で人々は何を思い、どう生きていくのか。

続きを読む

世界を救う「心」の存在

推薦文No.1-4
立命館大学文芸創作同好会

「この世界は、いったい何のために存在しているのですか?」
「そして、私たちは何のために生きているのですか?」

続きを読む

最優秀推薦文

『塩の街』への招待

推薦文No.1-5
立教大学文芸思想研究会

 「地球終末」型SFは昔から人々に広く受け入れられてきた。人類滅亡の危機という世界と、それを乗り越えようと奮闘する主人公の魅力に、読者は惹きつけられるのだろう。

続きを読む

候補作品