塩の街

  • 『塩の街』

  • 有川 浩
  • アスキー・メディアワークス
  • 1,680円(税込)
  • 2007年6月
  • 塩によって世界中が埋め尽くされる、塩害の時代。崩壊寸前の東京で暮らす男と少女に、運命を変える一人の来客が訪れた……。第10回電撃小説大賞受賞作に大幅な改稿と番外短編を加え、ハードカバーとして新登場。

オマケの世界と恋

推薦文No.1-1
八戸工業大学文芸愛好会

世界が変わったからこそ出会えた男女の恋物語です。二人が出会えたからこそ世界が救われた。世界は二人の恋のオマケで救われただけです。

けれど、世界を救ったのは恋だけではありません。それには大人の事情とか、綺麗事だけでは全て救えない部分が確実に存在するのだという背景もあります。淡々と、さりげなくそれが描写されて視点を変えれば救われたのはどちらなのだろうと考えさせられる、とても楽しい本です。
そして、主人公達は同じ「恋」なのにそれぞれ行動の移し方は全く違います。それを傲慢だと思ったり、臆病だと思ったり、男と女の想いを評価するのは人それぞれです。けれど、傲慢でも臆病でもいいから全て飲み込んで相手を想いたい、想えるような恋がしたいと思いました。

推薦文一覧へ戻る

候補作品