塩の街

  • 『塩の街』

  • 有川 浩
  • アスキー・メディアワークス
  • 1,680円(税込)
  • 2007年6月
  • 塩によって世界中が埋め尽くされる、塩害の時代。崩壊寸前の東京で暮らす男と少女に、運命を変える一人の来客が訪れた……。第10回電撃小説大賞受賞作に大幅な改稿と番外短編を加え、ハードカバーとして新登場。

塩、街、人、愛、生

推薦文No.1-2
埼玉県立大学文藝部

 突然だけれども、人がいっぱい死んで世界が壊滅状態に陥ったらどうなると思う?何を馬鹿な話を、と君は言うかもしれないが、手紙は最後まで読んでくれ。それに、俺が馬鹿なのは今に始まったことじゃないだろ?

 何故、世界が壊滅なんてことを言い出したかというと、少し前に『塩の街』という本を読んだからだ。『塩の街』は有川浩という人の小説で「宇宙から巨大な塩のかたまりが降ってきたその日から、人間が塩になって死んでいく"塩化"という現象が始まった」という話だ。詳しいことは省く。とにかく人がたくさん死んで、社会の機能が停止する。この小説は、瀕死状態の社会をシミュレーションしたものだ。なかなか面白かった。君にも是非、読んでもらいたい。
 「機能停止した社会の様子など、自分で想像できるから本など読まなくとも結構。」
 本嫌いの君のことだ。こんなことを言いかねない。うん、なるほど、おっしゃるとおり。しかしだ。君、治安が悪くなることや電気が止まることを思いついたとしても、瀕死状態の社会の中で人間がどう生きるのかということを想像してはいないだろう。そういった厳しい状況においても人間生活は営まれる。この小説はそのことについて考えさせてくれる。果たして、それを考えることは無意味なことか。
 人間が生きるということはどういうことかについて考える。ムカついたり、悲しくなったり、恋をしたり...。周囲の人間がどんどん死んでいく世界で、社会が機能しなくなってしまった世界で、君は何を感じてどう生きる?そういった類の問題がこの小説には書かれている。『塩の街』は単に非常時の世界をシミュレーションしているのではない。あくまで「人間」というものを書いているのだ。
 俺はこの本を読んで、自分という人間について考えた。この小説のような極限状態に陥ったときに俺はどんな行動をとるのだろうか。俺は俺なりの正義を守ることが出来るか、誰かを愛することができるのか。柄でもないことを言うけど、誰かを愛すること、これは人間の根幹に関わる大変重要な感情だと思う。不覚にも主人公たちの恋に感動した。恋ってすばらしいね。「愛は世界を救う!」んだよ。
 今度、君の家に行くときに『塩の街』を持っていくからよろしく。それでは失敬。


草々


追伸、いろいろと問題のある現代社会ではあるけれども、やはり世界はこのままでいいと思う。君の家まで電車で1時間、その距離を歩くなんてありえない。電車も自動車も動かない世界なんてまっぴらごめんだ。

推薦文一覧へ戻る

候補作品