人類は衰退しました

  • 『人類は衰退しました』

  • 田中ロミオ
  • 小学館ガガガ文庫
  • 600円(税込)
  • 2007年5月
  • 人類は衰退して、地球は妖精さんのものとなりました。身長10センチで3頭身、お菓子が大好きな妖精さん。主人公はその妖精さんと人との間を取り持つ調停官になり、小さくて愛くるしい彼らと接触を試みます。

『人類は衰退しました』推薦文

推薦文No.2-1
九州工業大学文芸部

 田中ロミオさん著の「人類は衰退しました」を推薦します。
 理由としてまず、第一に作中の活き活きとしたキャラクターたちを挙げたいと思います。

続きを読む

これをライトノベルと呼ばずして何と呼ぶ!!?

推薦文No.2-2
愛知学院大学文芸部

 推薦文を書こうと言う話が出ました。しかし、本を読むのがめんどくさいという典型的なダメ人間です。

続きを読む

最優秀推薦文

意欲の無い研究者

推薦文No.2-3
日本大学文理学部小説研究会

 本作には、ホモ・サピエンスのニュアンスでくくる人類が文明の表舞台にいない。数世紀を経て徐々に人口が減るうちに、文明の大半を放棄していったためである。現在時点では小さな集落に寄り添うように集まって、争いも無く牧歌的な暮らしを営んでいる。

続きを読む

真面目に「諦めて」みてはいかがでしょう?

推薦文No.2-4
東北学院大学文芸同好会

私達はあまりにも「諦める」ことに無防備です。

続きを読む

『人類は衰退しました』の奨め

推薦文No.2-5
広島修道大学文芸倶楽部

ライトノベルという小説のジャンルがあります。表紙や挿絵がアニメのようなイラストの若者向けの小説です。『小説のジャンクフード』と称されていたのを何かで聞いたことがありますが、読みやすい文体に、とっつきやすいイラストの表紙のこのジャンルの小説を称すのに、的を射た言葉なのではないでしょうか。

続きを読む

候補作品