青年のための読書クラブ

  • 『青年のための読書クラブ』

  • 桜庭一樹
  • 新潮社
  • 1,470円(税込)
  • 2007年6月
  • 伝統あるお嬢様学校の聖マリアナ学園には、校内の異端者が集う「読書クラブ」が存在している。そこには、学園史上抹消された珍事件が記録された秘密の「クラブ誌」が、名もない女生徒達によって記録され続けていた――。

最優秀推薦文

受け継がれる読書の魂

推薦文No.3-2
中央大学文学会

文学賞には数々のタイトルがあり、そのほとんどに桜庭一樹の名前がノミネートされたのはひとつの時代の潮流というべきものであって、そしてまたこの読書人大賞にも名前が挙がったのは必然であったのではなかろうか。

直木賞受賞はさらにその事態に拍車をかけこれからしばらく桜庭一樹の熱が冷めることはないだろう。その中で私が思うこととしてはだからこそ今のうちに読んでほしい作品が氏のものにはある。その一つが『青年のための読書クラブ』であった。
私には推薦する大前提がある。その一つは読書が楽しくあることだ。どの分野においても入門というものがあり、それはきっととっつきやすくてさらにどこかその人のつぼにはまるところがあるものだと思う。その類のものを私は推薦したい。そういった本が本を読む人、読書人がこれから読書人になろうとする人々への案内状となるからだ。そもそも「本」という言葉は大きく人々を縛ってきた。それは学問として接してきたために娯楽としての魅力を大きく削り落としてしまったからである。
本作の著者である桜庭一樹氏はライトノベル作家でもある。これは有名なことだけれども実際このライトノベルというのはその本の体裁からか食わず嫌いな人が多い。ただの「本」としての認識はあまりされていないのだ。だがそのことを逆手に取ったともいえるのが氏の文体であった。リズミカルでテンポのよい文章は硬すぎず軟らかすぎずその「本」の娯楽としての魅力を十分に紡いでいく。
そんな彼女の作風は本作の舞台をお嬢様学校とした。そして校内の外れ者集団とされる『読書クラブ』のメンバーを主人公とし、創立から百年の学校の歴史を通じて表には隠されてしまった出来事を読書クラブ誌というノートにいくつも綴っていくという形の短編の集まりである。その内容を少し語るとするならば、高貴な身分の少女達の若き日のアルバムとでもいえるだろうか。聖域で育てられた彼女達の感受性は同年代の若者達よりも繊細でありそれ故に一つ一つの出来事に受ける影響も大きい。そんな少女達の心の揺さぶりを私達は『読書クラブ』の一員となって眺めるのである。だが本作の世界観は現実とはかけ離れており実感が沸かないものである。それでも共感を覚えてしまうのは、作中の登場人物が抱えるコンプレックスに対して親近感を覚えてしまうからだろう。
本の中身に関するものとしてもう一点推すところがある。それは『読書クラブ』のメンバーであるがゆえに彼女らは本を読む。そのどれもが名作である。だからこそ本作を手がかりに次の段階へとステップを踏むときの指針がこの作品には存在している。人に本を読ませるとき次に続く何かがなければそこで終わりになってしまう。一時の快感で後遺症になるほど読書は中毒性があまり高くない。だからこそのつなぎが必要なのだ。もう一度氏のコーナーを訪れれば氏の別の「本」がその人を誘うだろう。この連鎖がやがてその人を真の読書人へと変化させていくに違いない。
『青年のための読書クラブ』のラストは私が推薦したい理由をまさに代弁してくれていた。
いつの時代にも自分達と同じ趣味の人々が存在し、私達がどんなに老いていこうともその明日は常に若者達の未来への輝きである。私達の魂は永遠に受け継がれていくのだ。
本を愛する心、それも決して変わることはない。私達が死ぬその瞬間も、読書という行為は受け継がれ続けていくだろう。
人と人とを結びつづけた「本」の精神を説く小説。
これこそまさに二〇〇八読書人大賞に選ばれるに値する作品だと私は考える。

推薦文一覧へ戻る

候補作品