幼年期の終わり

  • 2008大学読書人大賞 受賞作品

    『幼年期の終わり』

  • A.C.クラーク
  • 光文社古典新訳文庫
  • 780円(税込)
  • 2007年11月
  • 地球に突如現れた大宇宙船団。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる彼らは、人類を理想社会へと導いていく。彼らの真意は? 人類はどこへ向かうのか? なお、新しい第一部の訳が読めるのは、この光文社版だけ。

最優秀推薦文

虚構の中に未来への姿勢が垣間見える

推薦文No.5-1
法政大学もの書き同盟

 『幼年期の終わり』は1953年に発表され、以後世界的に愛され続けていまだに多くのSFファンから熱い支持を受けている作品である。1989年に冒頭部分が丸々新しく書き下ろされ、今回光文社より古典新訳文庫として発刊された『幼年期の終わり』は、その1989年版の初邦訳ということになる。

続きを読む

人類平和と異星人の憂鬱

推薦文No.5-2
一橋大学文芸部

 ある日地球の上空に突如として巨大な宇宙船があらわれた。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は国連事務総長を通じ、人類共通の国家を建設し、地球にいまだはびこる差別や戦争の根絶を促すべくその船の中から間接支配をし始めた。

続きを読む

真に大学生のための。

推薦文No.5-3
いわき明星大学文芸愛好会

 我がサークル内で最初に論議になったのは、本を読まない大学生のために本を選出すべきだということだ。
 その論議を踏まえて、五冊選出した。

続きを読む

技術が社会を変える

推薦文No.5-4
早稲田大学現代文学会

 「幼年期の終わり」は、SFファンの中では「SFの古典」としてみなされてきた。

続きを読む

候補作品