AURA

  • 『AURA』

  • 田中ロミオ
  • 小学館
  • 660円(税込)
  • 2008年7月
  • その日、教科書を忘れた俺は、夜半に忍び込んだ学校で魔女と出会った――。崩壊する日常。跋扈する妄想戦士たち。そして襲い来る敵。「世界に不思議なことはあってもいいんだ」。田中ロミオ、渾身の学園ラブコメ!

妄想は世界を創る

推薦文No.1-1
法政大学もの書き同盟

 小説が好きな人なら、大半の人がそうだと思うけど、妄想したことがある? 特に、自分が、物語の主人公だったらなどと。

続きを読む

剰りに変則的なストレィトラブストーリー

推薦文No.1-2
一橋大学文芸部

 小学時代。僕はかつての友人と共通の仮想世界で遊んでいた記憶がある。名前等、どのような世界であったかは忘れた。ただ英雄のように万能で、あらゆる対抗力が無効化されるといったチートな性能を持っている設定だった。まぁ相手の方が赤の色彩を使っている辺り、自分の方が身分が低いことまで思い出してしまったが。

続きを読む

「日常」にようこそ!

推薦文No.1-3
東京大学SF研究会

 現実がうまく行かないとき。充実しているはずなのに何故か心が満たされないとき。自身の小ささ、無力さを眼前につきつけられたとき。

続きを読む

最優秀推薦文

物語がどうしようもなく好きな私たちへ

推薦文No.1-4
筑波大学筑波文学の会

 この小説は「学園ラブコメ」だ。主人公の佐藤一郎とヒロインの佐藤良子が紆余曲折の上に結ばれる話だ。推薦文を始める前に、そのことを最初に主張しておく。
 さて、この小説に登場する重要な単語に「妄想戦士」がある。一郎が生み出したこの言葉は、物語みたいな設定がまるで本当に自分にあるかのように振る舞う人たちの事を指す。良子は自分

続きを読む

ライトノベルは衰退しました

推薦文No.1-5
早稲田大学ワセダミステリクラブ

 昨年の『人類は衰退しました』に続いて2年連続の、そして今年は犬村小六『とある飛空士への追憶』と並ぶ2作同時のノミネートと聞いて、本当に文芸サークルの大学生は田中ロミオとガガガ文庫が好きなのだなあとしみじみ思う。ガガガ文庫は創刊間も無い後発レーベルで、田中ロミオといえば作家としてよりもPCゲームのシナリオライターとしての方が馴染み深い人が多いのではあるまいか。その2つがタッグを組んで、どうして面白いラノベになるのだろうか。

続きを読む

AURAは僕のベストチョイス!

推薦文No.1-6
日本大学文理学部小説研究会

 わたしはドイトを嘗めていた。Do It Youself精神を嘗めていた。
 本作『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』は田中ロミオによってものされた魔導書であるが、読む者の精神を著しく苛み悶え苦しめるとして、封印指定を受けた禁書である。その内容はDIY精神溢れる(正統派)学園ラブコメ。が、ただのラブコメでは大学生に薦めるには及ばない。本作の秘めし真の姿は他にある。

続きを読む

候補作品