AURA

  • 『AURA』

  • 田中ロミオ
  • 小学館
  • 660円(税込)
  • 2008年7月
  • その日、教科書を忘れた俺は、夜半に忍び込んだ学校で魔女と出会った――。崩壊する日常。跋扈する妄想戦士たち。そして襲い来る敵。「世界に不思議なことはあってもいいんだ」。田中ロミオ、渾身の学園ラブコメ!

妄想は世界を創る

推薦文No.1-1
法政大学もの書き同盟

 小説が好きな人なら、大半の人がそうだと思うけど、妄想したことがある? 特に、自分が、物語の主人公だったらなどと。
 そして、その妄想を実行に移したことはある? 剣を振り回してオリジナル設定の技の名前を叫んだり、ヒーロー、もしくはヒロインっぽい恰好したり。
 そんなことをしたのが小学生だったら、それは初恋に等しい、甘酸っぱい思い出だろう。でも、中学生以降の人は、少し頭を抱えるような思い出になっているかもしれない。思い出すだけで心がちくちく痛むようなそんな思い出に。
 え? 今だって、自分は魔法が使えるって思ってる? そんな人は精神科に行って相談するか、人様に迷惑かけない程度に妄想に浸るといい。きっと、世界は優しいから、そんな君にだって居場所はあるはずだよ。それはおいておいて、本作は妄想をした挙句、それを実行に移し、苦い経験をした人におくる一大エンターテイメント作品である。
 苦い中学校生活を経て、一念発起、高校デビューを見事に果たした主人公。そんな彼は、夜の校舎で意味不明な言葉を呟く、魔法使いのようなコスプレをした美少女と出会う。普通なら、やばいこいつ何? って思うところを、何を思ったか主人公。これからライトノベルみたいな物語が始まると勘違いし、彼女と関わってしまう。これが、普通のラノベなら、きっと謎の美少女とのめくるめく冒険譚が始まった。しかし、それは違った。その魔法使いっぽいコスプレの女の子はただの妄想癖の女の子だったのだ。そんな彼女に気に入られてしまったから、さあ、大変。クラスメイトからは爪はじきにされるわ、色とりどりの妄想戦士がさらによってくるわで、主人公の薔薇の高校生活は早くも、瓦解してゆくのだった。果たして、彼の運命は? そして、彼の苦い中学校生活とは?
 ね? ほら、なんかあらすじだけでも心が痛くなってくるでしょ? 本編は、魔竜院光牙とか、自称勇者の生まれ変わりとか、人型インターフェイスだとか、そんな妄想ワードが続々登場して、さらに痛々しさ満載でお送りされます。少しでも、似たような経験がある人は悶え、苦しむこと必至である。まさに、マゾのためにあるような本だ。
 さて、これまでマゾ視点で推薦文をかいてきたわけだが、大半の人はそんな話どこがいいんだよ、とおっしゃる方もいるだろう。俺は妄想なんてしないから、こんな話意味がわからないという人も。そういう人にも是非、読んでほしい。なんたって、これは、絶対実現できない夢を諦めない話だから。
 先にも述べたように、この物語は現実じゃないものを妄想して、実行してしまった少年少女の話だ。現実じゃないっていうことは、イコール実現不可能っていうことで、ゆえに現実的じゃない、こどもっぽいということで傍から見ると痛々しいのだ。
 しかし、考えてほしい。非現実的、こどもっぽいってそんなに悪いことか? 現実的っていいことか? そうじゃない。いいこともあれば、悪いこともあるだろう。そりゃあ、非現実が過ぎれば、迷惑なだけだけど。でも、現実的すぎてもつまらないし、そんな世界からは停滞しか生まれない。創造ってのは、妄想から生まれるんだ。それが現実的でなかったとしても。現に我々が読んでいる小説って、そういうものから生まれたものでしょ。
 本作は、妄想の痛々しさを描きながらも、それが導く、一つの妄想、夢の成就、つまらない現実の打破を描いている。昔、苦い妄想をした経験がある人はもちろん、現実がつまらないっていう人も是非、読んでみては? きっと、痛々しくて、すかっとして、本を閉じたあとは心が楽になるから。

推薦文一覧へ戻る

候補作品