AURA

  • 『AURA』

  • 田中ロミオ
  • 小学館
  • 660円(税込)
  • 2008年7月
  • その日、教科書を忘れた俺は、夜半に忍び込んだ学校で魔女と出会った――。崩壊する日常。跋扈する妄想戦士たち。そして襲い来る敵。「世界に不思議なことはあってもいいんだ」。田中ロミオ、渾身の学園ラブコメ!

AURAは僕のベストチョイス!

推薦文No.1-6
日本大学文理学部小説研究会

 わたしはドイトを嘗めていた。Do It Youself精神を嘗めていた。
 本作『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』は田中ロミオによってものされた魔導書であるが、読む者の精神を著しく苛み悶え苦しめるとして、封印指定を受けた禁書である。その内容はDIY精神溢れる(正統派)学園ラブコメ。が、ただのラブコメでは大学生に薦めるには及ばない。本作の秘めし真の姿は他にある。
 本作における主人公は魔竜院光牙こと佐藤一郎、通称メンズ。そして"青き魔女"リサーチャーこと佐藤良子、通称レディス。W佐藤とも呼ばれ、言動や人物造形などで物語上ペアに扱われる。メンズは嫌がり彼女から逃げたがるが、これはいわば不可避の宿命なのである。なぜならこれはメンズが魔竜院光牙から佐藤一郎へと回復していく物語なのだから。
 高校デビューに成功した、と喜んでいた彼はまだ魔竜院を捨てきれておらず、多分に揺らぎが見える。そこへかつての自分の鏡写しのようなレディスが現れ、上面だけの関係を作ろうとしていたメンズは追い落とされる。しかしこれによって彼は面倒なクラス政治から解放され、レディスとの一対一の関係をゆっくりと築いていく。探りあいの要らない付き合いの中、探索の手伝いのためナンパまがいのことさえ出来る社会性を獲得し、また一般人との衝突やいじめの際には他人を守るほどまで成長する。こうしてメンズは一郎として回復していくが、それはあくまで魔竜院を未解消のまま抑え込んでいるに過ぎない。
 一方で妄想戦士としてレディスは良子を捨ててリサーチャーになろうとし、それが叶わぬとなると狭量な世界と訣別し、帰還(=自殺)を決意した。彼女を見過ごすことはメンズにとって回復の失敗を意味する。メンズは、あり得た可能性の姿としての自らの鏡写しである彼女を救わねばならない。しかし魔竜院を抑圧し妄想戦士部分を切り捨てようとしてきた彼では、戦士部分のみを肥大化させてきたレディスを止めることは出来ない。統合は双方の調和の上に初めて成り立つもので、一方の抑圧では上手くいかない。
 ここで大島の働きが役立つ。彼女が用意したメンズを封じるための切札が、メンズにレディスを救う手段を与えたのである。メンズが魔竜院となったのは、ただレディスを助けるため、引き止め説得するためだけではない。それは離れてしまったレディスと繋がる唯一の綱であるとともに、抑圧され続けた魔竜院の解放と周囲への大きな心理的壁の破壊をもたらし、これによって、いささか荒療治ではあるが、メンズ内部で一郎と魔竜院は抑圧から調和に転ずることが出来たのだ。メンズ内の調和が取れたことにより、最後のピースであったレディスはメンズに応じる。現実に傾いたメンズと幻想に傾いたレディスは、二人でようやく「普通」になれる。そして、二人は佐藤一郎と佐藤良子へと回復した。
 長らく社会とは区別された環境で育った私たちは、これからは社会に出なければならない。変わる、と言うのは容易いが、行動は難しい。どれだけ痛々しくあっても敢然と行動したメンズは私たちを叱咤檄励してくれている。
 もちろん娯楽としての面も疎かではない。奇天烈で破天荒な妄想戦士たちの奇行はそのままギャグとして笑って読めるし、ヒロインはヒーローを待っていた、互いに互いが必要だった。そういう点で本作は正統派であると同時に、ひとかたならぬラブコメでもあるのだ。また、ありがちな導入からのひねりの効いた構成やその後の真っ直ぐな展開、直接語りかけてくる文章は読者の物語への参加を促し、物語世界をより身近に感じさせる。
 こうして魔竜院の闘いは終わった。しかし闘いは終わらない。"新たな闘い"は佐藤一郎が始めなければならない。
 AURAが大学読書人大賞を勝ち獲る日が来たならば、大学生らよ、それまではさらばだ。

推薦文一覧へ戻る

候補作品