好き好き大好き超愛してる。

  • 2009大学読書人大賞 受賞作品

    『好き好き大好き超愛してる。』

  • 舞城王太郎
  • 講談社
  • 520円(税込)
  • 2008年6月
  • これは「恋愛と小説」の物語である。恋人を亡くした小説家と遺族の交流を描いた連作短編「柿緒」を主軸として、その間に「愛と別れ」をテーマに据えた三つの不思議な物語を挟んでいる。過去に四六判、新書で刊行。

言葉への思い

推薦文No.3-1
首都大学東京文藝部

 読んでいる私たちが思わず赤面してしまうほどの、愛に対する圧倒的な肯定で書き始められるこの小説は、しかし簡単に一筋縄で語れる小説ではない。キーワードは「愛」、「小説」、「祈り」、そして「言葉」。この四つのキーワードに対する著者の深い思索を、四つの物語に載せて描いた意欲的な作品である。

続きを読む

大学生の皆様へ

推薦文No.3-2
首都大学東京推理小説研究会

拝啓
 突然の手紙で申し訳ありません。晩春の候、いかがお過ごしでしょうか。お伺い申し上げます。本年、私は一冊の本に出会いました。つきましては、是非皆様にもご一読してもらえたらと思い、こうしてご連絡させて頂きました。

続きを読む

最優秀推薦文

「祈り」の文学を感受せよ

推薦文No.3-3
立教大学文芸思想研究会

 今日、読書の意味が見えなくなっている。昨年末から吹き荒れている世界大不況、その暗澹たる世の中で、物語の快楽に浸る意味はあるのだろうか。虚構の楽しみに時間を割くよりも、生活するために実用的なビジネス書へと乗り換えた方が良いのではあるまいか。これは読書人共通

続きを読む

祈るように愛するということ

推薦文No.3-4
慶應義塾大学慶應ペンクラブ

 愛は奪うものだ。世界中のあらゆる人たちから、たった一人だけを選び取る辛辣な行為だ。だからこそ愛は美しく、激しく、痛みを伴う。もしも愛というものが、お互いを認め合い、お互いに与え合うだけで完結するのならば、私たちは苦しい気持ちを抱かずに人生を送っていけるのかもしれない。しかし私たち人間は、あまねく人を愛することはできないように創られている。

続きを読む

候補作品