好き好き大好き超愛してる。

  • 2009大学読書人大賞 受賞作品

    『好き好き大好き超愛してる。』

  • 舞城王太郎
  • 講談社
  • 520円(税込)
  • 2008年6月
  • これは「恋愛と小説」の物語である。恋人を亡くした小説家と遺族の交流を描いた連作短編「柿緒」を主軸として、その間に「愛と別れ」をテーマに据えた三つの不思議な物語を挟んでいる。過去に四六判、新書で刊行。

言葉への思い

推薦文No.3-1
首都大学東京文藝部

 読んでいる私たちが思わず赤面してしまうほどの、愛に対する圧倒的な肯定で書き始められるこの小説は、しかし簡単に一筋縄で語れる小説ではない。キーワードは「愛」、「小説」、「祈り」、そして「言葉」。この四つのキーワードに対する著者の深い思索を、四つの物語に載せて描いた意欲的な作品である。
 四つの物語の中で最も長い話である「柿緒」。その主人公、治は小説家である。治は彼女である柿緒を不治の病で失った後、柿緒の兄弟と会ったり、柿緒との思い出に浸ったりするのだが、そんな中で治はひたすらに深い後悔をするのである。生前、柿緒に対して一度も「死なないでくれ」と言えなかったことに対して。
 治は勿論、近い将来に死んでしまう柿緒にこんな言葉をかけたとしても無駄であるということを理解している。しかし治は、「無駄と知りながらも言うべき言葉は一つの祈りだ」と考え、さらに小説を書くことが自分にとっての祈りなのかもしれないと自覚するのだ。こうして治の中で、愛は祈りにリンクする。祈りは小説にリンクする。
 だがこれで話は終わらない。治はさらに小説の在り方について不器用ながらも精緻に突き詰めていくのだ。著者は自分を治に重ね合わせ、著者自身の意見を治に語らせているのではないか。そんな勝手な意見も自然と生まれる。

 さて他の三つの物語の主人公もそれぞれの物語の中で、そしてそれぞれ別の形で、愛とは何なのか、祈りとは何なのかについて考え続ける。もちろん答えなど出ない。しかしそれでも考え続ける。まるで考え続けることにこそ意味があるかのように。
 ここでこの四つの物語を貫く一つのテーマを発見できる。それはそれぞれの主人公の「言葉」に対しての深い思いだ。そしてこれは作品の序文によって裏付けられる。序文にはこう記されている。

「言葉というものは全てをつくる。言葉はまさしく神で、奇跡を起こす」

 この言葉からは著者の「言葉」に対する強い思い、あるいは信頼を感じることが出来る。言葉の素晴らしさ、言葉の奥深さ、そういったものを著者はこの小説で表したかったのではないだろうか。確かにこの世界は言葉で出来ている。人々は言葉を使って祈る。人々は言葉を使って愛を伝える。人々は言葉を使って過去を語る。この小説は言葉を用いて書かれている。
 昨今、言葉は少しないがしろにされている気がする。それは言葉が世界に溢れすぎているせいもあるだろうし、社会全体が言葉よりも他の表現媒体(例えば音や映像)へ偏重しているせいもあるかもしれない。しかし世界の根本はやはり言葉にあると思う。著者はそれを小説という取っ付き易い形で私たちに提示してくれたのではないだろうか。

 いくら小説の上でとはいえども、「小説」や「愛」などの壮大なテーマを語ろうとすれば、どうしても大上段に構えがちになり、そこから読者は嫌味な感じを受けてしまうこともあるだろう。しかしこの小説からは全くそのような感じを受けない。それは著者が愚直に真正面からこれらのキーワードにぶつかった成果だろう。言葉を使って何かを生み出そうとしている全国の文芸部員の皆さんにはもちろん、普段小説を読まない人にも改めて言葉の素晴らしさを伝えることが出来る作品だと思い、この作品を推薦する。

推薦文一覧へ戻る

候補作品