好き好き大好き超愛してる。

  • 2009大学読書人大賞 受賞作品

    『好き好き大好き超愛してる。』

  • 舞城王太郎
  • 講談社
  • 520円(税込)
  • 2008年6月
  • これは「恋愛と小説」の物語である。恋人を亡くした小説家と遺族の交流を描いた連作短編「柿緒」を主軸として、その間に「愛と別れ」をテーマに据えた三つの不思議な物語を挟んでいる。過去に四六判、新書で刊行。

大学生の皆様へ

推薦文No.3-2
首都大学東京推理小説研究会

拝啓
 突然の手紙で申し訳ありません。晩春の候、いかがお過ごしでしょうか。お伺い申し上げます。本年、私は一冊の本に出会いました。つきましては、是非皆様にもご一読してもらえたらと思い、こうしてご連絡させて頂きました。
 すでにご存じの方もいらっしゃるかと思います。その本とは、舞城王太郎著「好き好き大好き超愛してる。」です。古来より、日本人は何故か奥ゆかしさを好むもの。以心伝心、目は口ほどに物を言う、空気を読む、ここかしこにあふれているこの伝統。言わずに思いを伝えることが美徳とされるこの国で、ここまでまっすぐな本がこれまでにあったでしょうか。「超愛してる。」のです。タイトルからもわかるように、本書は大切な誰かを想うための本です。人を想いすぎる程想うことをテーマとしている作品に恥じることないよう、せめて私も誰かのことを想いながら本書を薦めようと思いました。残念ながら想いすぎる程の愛を注ぐことはできませんが、同じように本を愛する大学生の皆様へ、こうして筆を執った次第でございます。

 さて、皆様にとって「愛」とはどのようなものでしょうか。もしくは「恋愛」とは。「死」とは「言葉」とはどのようなものでしょう。ここに、それらがひとつの形を取りました。
 「愛は祈りだ。僕は祈る。」
 真っ白のページに、ぱらぱらと、舞い落ちるように文字が集まり小説という形になったのです。まるで、祈りのように。本書には僕の祈りが小説という形で表現されています。四組の恋人達をめぐる話の中で、彼は彼女を失います。絶対的な力に逆らうことできずに生命を削られてゆく彼女の傍らで、時に何が愛なのか迷い、彼女を悲しませ、喜ばせ、彼は彼として彼女を想う。そして間違ってもいい、愛し過ぎるほどで人を愛するにはちょうどいいという結論に至るのです。
 注目すべきは、死に表される美しさです。この美しさとは所謂「お涙頂戴もの」としての死ではありません。死があるからこそ生が輝いて見える、というものとも違います。生を望みながらも、思わず死に魅せられてしまう。そのような危うさを秘めたものなのです。死と同じくらい生もつらいもの。ならば生の輝きと同じように、死にも目映い程の光があるのではないか。その美しさ故に生が揺らぐこともあるのではないか。こんな風に考えたことはありませんか。生と死、表裏一体の両者に対しても愛は平等なのだと、本書は訴えかけます。
 では皆様、突然ですが目を閉じて下さい。次にあなたの恋人、もしくは大切な人を一人思い浮かべて下さい。よろしいでしょうか。あなたの大切な人が不治の病に侵されたとします。絶対的な力を持つものに立ち向かうその人に、あなたは何をしてあげたいですか。そして何をするのが正しいことだと思いますか。是非本書を手に取ってみて下さい。あくまで沢山の中の一つですが、ここに答えがあります。
 これらが大学生の皆様に本書を薦める理由です。私は最後の学生生活であるこの時期に、どのような人に出会うかで、一生が決まると思っています。恐らく生涯において一番人と出会う機会も多く、自由でやりたいことをやれる時でしょう。そして出会った人達と笑ったり泣いたり喧嘩をしたりして、そのうち誰かを好きになったり、嫌いになったり尊敬したり。そういうことを繰り返して、人を大切にすることを学ぶのでしょう。そんな時期だからこそ、誰かを大切にすることをテーマとしている本書がふさわしいと思ったのです。
 少しでも興味を持っていただけたでしょうか。買うのが恥ずかしい。そんなことはありません。みんな買っていますから。決して読まず嫌いで終わらせないで下さい。
 人と同じく本との出会いも一期一会です。拙文が皆様の出会いのきっかけとなれば幸いに存じます。
敬具

推薦文一覧へ戻る

候補作品