ゼロ年代の想像力

  • 『ゼロ年代の想像力』

  • 宇野常寛
  • 早川書房
  • 1,890円(税込)
  • 2008年7月
  • ゼロ年代に入ってから大きく変化していく時代と文化状況。この10年で生まれたサブカルチャーの想像力の変遷から、現代を語る。SFマガジンに連載中から話題になっていた批評に、さらに加筆修正した一冊。

味わうのみではなく、少し突き放した位置から眺める

推薦文No.4-1
法政大学文学研究会

 『ゼロ年代の想像力』は2007年から2008年にかけて早川書房発行のサイエンス・フィクション専門誌「SFマガジン」に連載された評論に加筆修正を加えた評論集である。2000年から2008年までのおよそ八年間を「ゼロ年代」とし、その間に発生したテレビ・アニメ・小説等の国内における物語文化の移り変わりを辿っている。

続きを読む

最優秀推薦文

生活と文学

推薦文No.4-2
いわき明星大学文芸愛好会

 みなさんは本を何のために読むのだろうか。
 そもそも、このような質問をすることじたい、本読みに対して失礼なのだろうとは思う。私自身、本は読みたいものを読む。ジャンルを問わずに。本を読むことは、楽しいことだ。その時間を読書に費やす。その価値があるからこそ、私たちは本を読むのだろう。ただそういう時間のなかで、楽し

続きを読む

『ゼロ想』における二つの効能

推薦文No.4-3
早稲田大学現代文学会

 私が本書を大学生に薦める理由は以下の2点である。

 ①現代文化の幅広い範囲を網羅したガイドブックであること。
 ②コミュニケーション・ツールとして使えること。

続きを読む

候補作品