ゼロ年代の想像力

  • 『ゼロ年代の想像力』

  • 宇野常寛
  • 早川書房
  • 1,890円(税込)
  • 2008年7月
  • ゼロ年代に入ってから大きく変化していく時代と文化状況。この10年で生まれたサブカルチャーの想像力の変遷から、現代を語る。SFマガジンに連載中から話題になっていた批評に、さらに加筆修正した一冊。

最優秀推薦文

生活と文学

推薦文No.4-2
いわき明星大学文芸愛好会

 みなさんは本を何のために読むのだろうか。
 そもそも、このような質問をすることじたい、本読みに対して失礼なのだろうとは思う。私自身、本は読みたいものを読む。ジャンルを問わずに。本を読むことは、楽しいことだ。その時間を読書に費やす。その価値があるからこそ、私たちは本を読むのだろう。ただそういう時間のなかで、楽しいと思う以上になにかを感じることができる本がある。
 結論からいえば、この本との出会いがそうだった。『ゼロ年代の想像力』この文章に出会ったのは、この本が初めてではない。SFマガジンに載っているときに初めて読んだ。SFマガジンにこのような文章が載っていることにも驚いたが、それよりもはじめて読んだ一回目の衝撃は忘れない。
 本著の一番の特徴はなんといっても、膨大に挙げられる作品群だろう。それがなぜ一つの本に収まっているのか、なぜ同じ目線で語られうるのか。その疑問に答えることが、多くの共感を得ると感じた私の答えになると思う。
 アニメ、映画、TVドラマ、小説、コミック。この異なるメディア。さらには、アニメ、ラノベ、ドラマ、小説といった読者層すら重ならない作品群。どこに焦点を定めているのかというふうに疑問に思っても不思議ではない。しかし、いずれの作品も、この日本でつくられた、この時代につくられたということに共通点がある。その作品それぞれの根底にあるのは、そのつくられた時代における時代認識だ。そして、この本で語られているのはまさにその時代認識にほかならない。
 最初に私は何のために本を読むのか問うた。それはこの時代を生きるのに果たして本を読むという行為がどれくらいの意味があるのかという問いにつながる。今わざわざ、この活字を本で読むということにどれほどの意味があるのだろう。楽しむということであれば、今の時代さまざまなものを選ぶことができる。そして、本を楽しいと思わない人々は、ほかのもので楽しさを求める。まさに本著で述べられている島宇宙である。それぞれが、自分のフィールドを持ち、ほかのフィールドに干渉したり、しなかったりで存在している。しかし、この時代に生きているということは、同じなのである。そして感じていることも。
 バトルロワイヤルな時代。そういわれてぴんとこない人はもはや少ないだろう。小泉改革、市場主義経済、そして、世界的な不況。バトルロワイヤルな時代の破綻と考えていいのだろう。この著作を読んで理解できることである。そして次の時代にくるのはなにか、私たちはどのような時代を生きるのか。私たちはこの時代を生きているのであるのだから、そのことを考えなければいけない。そしてそれと同時に私は考えるのだ。なぜ本を読むのかと。なぜ、私はこの楽しさを選んだのかと。
 ただ一つを信じるだけでは、もうこの世界では生きていけない。いや、むしろ一つのことに執着するだけでは、世界は見えてこない。
 正直にいえば、今の時代にただ楽しさだけでは生きていけない。まして私は大学生である。これほどの現実を見せられて、ただ読書に興じるなどということはとうていできない。それゆえに本著を推したのだ。これからの時代がどうあるべきか。それにともないどう個人は生きるのか。今知りたいことはそれであるのだから。

推薦文一覧へ戻る

候補作品