あるキング

  • 『あるキング』

  • 伊坂幸太郎
  • 徳間書店
  • 1,260円(税込)
  • 2009年8月
  • 『俺がいることで、バランスが崩れてはいないだろうか』 野球選手の「王」になるべく生まれてきた男、山田王求。彼が意識しなくとも、周囲は「王」という圧倒的な存在に狂わされていく。『王になるお方。それでいい』

最優秀推薦文

王になる者の物語

推薦文No.1-1
成城大学文学研究会

 『あるキング』は天才野球少年「王求」(おうく)の伝記であり、伊坂風シェイクスピア劇である。主人公・王求は野球球団「仙醍キングス」を愛する両親の間に生まれた。彼は仙醍キングスに入団する使命を運命づけられて生まれたのだ。彼は親の指導のもと、一流の野球選手に育っていく。彼の野球の才能は超人的であった。そしてついに「仙醍キングス」に入団するのだが・・・。

続きを読む

天才には憧れておけ

推薦文No.1-2
早稲田大学現代文学会

 『あるキング』は、天才野球選手を王に据え、彼の一生を年代順に記した伝記(風小説)だ。彼の名は山田王求(おうく)。'王が求め、王に求められる'ようにと名付けられたのである。

続きを読む

候補作品