植物図鑑

  • 『植物図鑑』

  • 有川浩
  • 角川書店
  • 1,575円(税込)
  • 2009年6月
  • 26歳OLが、ある日出会った行き倒れの草食系男子と、なんとなく始めた共同生活。草木を通した交流の中、ゆっくりと恋は紡がれる。しかしやがて問題も出てきて――!? 有川浩渾身の、甘々最強恋愛小説!

恋は甘く

推薦文No.3-1
東京大学文芸部

 「咬みません。躾のできたよい子です」――そこから始まる主人公さやかとイツキの恋物語。正直に言って、甘い。甘すぎる。甘いものを好む方の多い女性読者でも、「こんな展開、ありえない!」と思わずにはいられないかもしれない。

続きを読む

ほろ苦い山菜の味がする、彼との甘い想い出。

推薦文No.3-2
大阪大学推理小説研究会

 世の中には、色々なジャンルの本がある。本書は、恋愛小説に分類される作品ではあるが、私はさらに一言付け加えてこう呼びたい。『雑草恋愛小説』と。

続きを読む

最優秀推薦文

大切な人に、特別な言葉を

推薦文No.3-3
中央大学文学会

 大切な人に大切だよ、と伝えるとき、私たちはどんな言葉が必要でしょうか? 
 それはきっと、お金をかけたり時間をかけたりとか、そういうものではなく、私たちにとってももっと身近で何気ない物事でいいのではないでしょうか? 植物図鑑は、そんなことを考えさせてくれる作品です。

続きを読む

思いの一貫性

推薦文No.3-4
流通科学大学TOUKAの会

 何かを集団で共有することが減ってしまった。そこでは、社会全体に対しての興味が薄れ、個人の楽しみに関心が移る。このことは物語にとって、対象とする読者層を狭めさせ、全体へ向け送り出すことを困難とした。この価値観の多様化は、以前より恒常化した絆しとなって、未だ抜け出せずにいる。

続きを読む

図書館にない植物図鑑

推薦文No.3-5
東京工業大学SF研究会リリカ団

「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか」
「咬みません。躾のできたよい子です」
 インパクトのあるせりふと、ちょっと変わった題名。ラブコメ大御所の「有川浩」さんとなれば、期待は膨らむばかりです。

続きを読む

候補作品