植物図鑑

  • 『植物図鑑』

  • 有川浩
  • 角川書店
  • 1,575円(税込)
  • 2009年6月
  • 26歳OLが、ある日出会った行き倒れの草食系男子と、なんとなく始めた共同生活。草木を通した交流の中、ゆっくりと恋は紡がれる。しかしやがて問題も出てきて――!? 有川浩渾身の、甘々最強恋愛小説!

ほろ苦い山菜の味がする、彼との甘い想い出。

推薦文No.3-2
大阪大学推理小説研究会

 世の中には、色々なジャンルの本がある。本書は、恋愛小説に分類される作品ではあるが、私はさらに一言付け加えてこう呼びたい。『雑草恋愛小説』と。『雑草という名の草はない。すべての草には名前がある』というのは、本書内で何度も引用されている昭和天皇の言葉。しかしながら、山菜と呼ぶには少し不格好な"草"たちが登場する本書は『雑草恋愛小説』と位置づけるべきだろう。もっとも、この先の文学界で本書に続いて『雑草恋愛小説』が出てくるかどうかは不明であるが。そういう意味でも、一読の価値があるのではないだろうか?
 帯にも書かれていることだが、会社員の女性"河野さやか"は行き倒れになった青年"樹<イツキ>"(しかもイケメン)を発見。「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか? 咬みません。しつけのできたよい子です」というイツキ。うーん、何ともシュールな光景だが、なんだか、キュンとくるではないか。この異性を拾うという話は物語のパターンとして確立されたもののひとつであるが、多くの場合、男性のキャラクタが女性のキャラクタ(何故か美少女!?)を拾うというものであるのに対し、本作では女性キャラクタが男性キャラクタを拾うという一風変わったものになっている。世にも奇妙な『雑草恋愛小説』は、その使い古された構造を逆手にとり斬新なものに仕立てあげている。著者曰く、『男の子の前に美少女がおちてくるなら女の子の前にもイケメンが落ちて来て何が悪い!』
 そして、何と言っても本書の最大の魅力は、"道草料理"だろう。道草、つまり道端に生えているような、いわゆる雑草を調理し、食べてしまおうというのが、本書の大まかな脈だと言っても過言ではない。最近はやりの節約生活。さらにうれしいことに、主人公さやかは、イツキとの山菜生活を始めてから、体重が3kgも減ったという。
 私も、子供のころは、道端に生えているタンポポをつんで綿毛を飛ばしてみたり、四つ葉のクローバーを探してみたりと一通りのことはした記憶がある。しかし、最近では、タンポポすら見かけないなと思う。もしかしたら、町の環境が変わってしまったのかもしれない。事実、小学校のころ空き地だったところは、家や駐輪場に変わってしまっている。しかしだ。本当にそれだけなのだろうか? 私の外ではなく、私自身が変わってしまったのではないか? ふと下を見るとタンポポが、ふと脇を見ると名前の分からない綺麗な花が、その"ふと"を忘れてしまったのではないだろうか。そう考えると、本書は、ただの恋愛小説ではなくて、やはり『雑草恋愛小説』であり、なかなか深いテーマを持っているんじゃないのか? なんて考えさせられる。
 もちろん、さやかとイツキとの恋愛譚が主軸に持ってこられているのだが、それがどうなるのかは、読んでからのお楽しみ。本書、読み始めてすぐの9ページには『いきなり消えたまま行方が分からないんだから。』という文字が。名前以外、その身元不明のイツキ。一体彼は何者なの? というミステリー要素も含まれている本書。
 甘い恋愛譚とちょっぴり苦くて美味しいレシピの融合を、皆さんもぜひ味わってみてはいかがかしら?

推薦文一覧へ戻る

候補作品