ボトルネック

  • 『ボトルネック』

  • 米澤穂信
  • 新潮社
  • 500円(税込)
  • 2009年10月
  • 亡くなった恋人を偲んで訪れた東尋坊で、ぼくは誘われるように断崖から墜落した。そこでぼくを待っていたのは、失ったもの全てが存在する「自分の生まれなかった世界」――。生々しい痛みに満ちた、青春ミステリ。

最優秀推薦文

思考に限界はないのだから

推薦文No.4-4
明治大学ミステリ研究会

 誰もが自分の無力さを感じ、自分の存在意義を疑い生きている。
 そして時には、こう思うこともあるだろう。
 自分なんて生まれてこなければよかったのに、と。
 本書は、そうした青年期の過程で顕著な「自意識」について、徹底的に掘り下げた作品である。そのためか、生々しい痛みを感じざるを得ない。特に読後感が苦すぎる。なんて残酷なのだろう、と割り切れない。

 ただ受け入れることしかできなかった主人公。
 彼は、「世界」に対して折り合うことができなかった。だから、何でもなくなることで、自分の無力さや存在意義の疑いから自分自身を守っていた。それが、無敵だと思っていた。今までは。
 しかし、何故か彼は「自分が生まれてこなかった世界」に飛ばされる。そこでは、彼の失ったもの全てが存在していた。彼は、そのことに気づいてしまう。
 そして、思い知らされる。最大のボトルネックを。
 ボトルネックは排除しなければならない。しかしながら、障害を排除した先に、一体何が待ち受けているのか。むしろ問題なのは、この後ではないのか。
 それでも結果的に彼は、麻痺していた感受性を復活させ、ねじれて歪んだ自己愛を木っ端微塵にされて、そして初めて「世界」と向き合うことができた。「世界」に意見することができた。
 それはモラトリアムを脱却する行為にも等しいだろう。
 そう、誰しも必ず一度は通る青年期の道だからこそ、本書をビルドゥングスロマン的に読むことができ、深い味わいを残すことに成功したのである。なぜなら、否応なしに精神的に自己形成し、社会的な発展をとげていく本書の「主人公」は、一人の人間であると共に、何よりも「自分自身」でもあるのだから。

 ところで、ポール・ゴーギャンの最も有名な作品を知っているだろうか。
 『われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか』。
 それは、神話的な雰囲気を持つ絵画であり、哲学的な響きを持つ題名である。
 貧困と病苦に直面し、希望さえも失ってしまったゴーギャンが、「死」を決意し、遺書代わりに描こうとしたものである。最もゴーギャンの精神世界を描き出している作品なのだ。
 この作品は、キリスト教の教理問答が背景の一つにあるそうだ。また現在でさえ、この作品に関する定説新説珍説が入り混じっていて、人々を議論の渦に巻き込んでしまう。そんな力強い作品である。
 このゴーギャンが提示した命題は、「われわれ人間が存在し、生きる意味は何なのか」と言い換えることもでき、そのまま「自己の意識」にもリンクできるのではないだろうか。
 本書の主人公も、ゴーギャンと同じように、あらゆるものを失ってしまった。そこに残されたものは、一体何だったのだろうか。

 最後に。本書を読むことで、自分の「自意識」観について改めて見つめ直せる、良い機会になるかもしれない。それが、自分がこの「世界」に存在する意味を考えることにもつながると思う。
 だから、想像してみてほしい。
 思考に限界はないのだから。

推薦文一覧へ戻る

候補作品