夜は短し歩けよ乙女

  • 『夜は短し歩けよ乙女』

  • 森見登美彦
  • 角川書店
  • 580円(税込)
  • 2008年12月
  • 不器用な「先輩」は、風変わりだけど可愛い「黒髪の乙女」にベタ惚れしてしまう。珍事件も何のその、鈍感な彼女を振り向かせるべく奔走する先輩の大学生活やいかに……。味のある文体で綴られた恋愛ファンタジー!

最優秀推薦文

独特恋愛ファンタジー

推薦文No.5-7
慶應義塾大学三田文学塾生会

 「杏仁豆腐の味にも似た人生の妙味」をあなたはご存知だろうか。「恋の味」が浮かんだあなた、随分鋭い。そう、これは白くてふわふわしたあの優しく甘い、恋の物語なのだ。「オイオイ、恋なんてそんなに甘いもんじゃあないぞ、ありゃ悲劇でしかないんだ」なんて毒づく方もいるかもしれない。そんなことはわかってるのだ。それでも確かに恋にはこの作品のような、ファンタジックでオモチロオカチイ側面があるのだ。
 恋をした瞬間、突如として世界に色彩が宿る。今までの世界がモノクロだったのではないかと思うほど、日々の生活がざわつき始め、光が踊る。こんな経験はないだろうか。この独特ななんともいえぬふわりふわりとした感覚は、直接言葉に表すには難しすぎる。しかしそれをやってのけてくれたのが、この物語。といっても、主人公に自身の心情を吐露させることで恋愛を描こうとする従来のようなやり方ではなく、むしろこの作品の世界全体が、あの恋の感覚を囁いてくるのだ。
 ちょっと不思議な女子大生と、その女子大生に恋焦がれ、自分の存在だけでも知ってもらおうと、必死に追いかける健気な先輩。舞台は京都だけれども、竜巻で鯉が飛んだり、文字通り地に足をつけずにいられる天狗がいたりと、二人を取り巻く世界は幻想的だ。そしてまた、この二人には名前がない。第一章の「夜は短し恋せよ乙女」からどうにか二人が「デート」に漕ぎつく第四章の「魔風邪恋風邪」まで、お互いにエピソードを語ってゆく形式だが、どちらも一人称は「私」。大抵の小説というのはある舞台設定をつくりあげて、そこに登場人物達を放り込むというものなのだが、この二人の「私」で綴られる物語はどうも違う。読み進めれば進めるほど、語り手とその世界が一体化してゆく。登場人物-世界、現実-夢の境界が曖昧模糊になってゆき、最後にはあるひとつの感覚に読者が包まれてゆく。それこそまさに杏仁豆腐の味なのだ。
 しかしながら実際には黒髪のかわいい彼女はほとんど最後の所まで先輩の気持ちなど意識はしないし、先輩の方もまた、どうにか彼女の目にかけてもらおうとあくせくしてゆくドタバタコメディだ。それでいて上述したような雰囲気を出すところに作者の才能が感じられる。また、主人公達を取り囲む独特な存在感ある登場人物たちも魅力的だ。偽電気ブランを好む謎の老人李白や、とあることから同じパンツを履き続けるパンツ総番長などなど。そしてなんといっても、この物語を引き立てるのが独特な文体である。その少し古めかしいような言い回しと、現代の大学生という組み合わせは、どこかノスタルジックでいて、ロマンティックなのだ。
 さあ、難しいことは放っておいてこのファンタジックでオモチロイ世界へと飛び込もうではないか。誰しも感じていながら、しかし十全と味わうことなく通りすぎてしまった、あの恋の感覚が待っているのだ。

推薦文一覧へ戻る

候補作品