夜は短し歩けよ乙女

  • 『夜は短し歩けよ乙女』

  • 森見登美彦
  • 角川書店
  • 580円(税込)
  • 2008年12月
  • 不器用な「先輩」は、風変わりだけど可愛い「黒髪の乙女」にベタ惚れしてしまう。珍事件も何のその、鈍感な彼女を振り向かせるべく奔走する先輩の大学生活やいかに……。味のある文体で綴られた恋愛ファンタジー!

出会いが生む人生の妙味を堪能あれ

推薦文No.5-2
法政大学もの書き同盟

 この作品は幻想的で独特な言い回しを使いながらも、読者を巻き込んでいく力強い緻密さを兼ね備えている。その物語は、好奇心旺盛な可愛らしい「黒髪の乙女」とその少女を恋慕し偶然的な出会いを求め続ける不器用な「先輩」という二人の視点を交互に読みながら進行していく。
 作品全体を通したテーマは二人の恋愛模様を描いたものだが、色濃い恋愛という様相はなく、むしろ各章ごとに節々で登場する人物達が二人と出会いながら、物語の上で欠かせない役割を担っていく。彼らは個性的で決して褒められたことばかりはしておらず、扇動者として存在する。毎度、黒髪の乙女はこのような人物達に巻き込まれており、あとを追うように先輩が巻き込まれていくのだ。
 特筆すべきは、この黒髪の乙女と先輩の視点から窺える「出会い」である。作品上で、黒髪の乙女と先輩は出会うことは少ない。これは先輩が黒髪の乙女に「なるべく彼女の目にとまる作戦」という偶然性を装って出会おうとしたためだが、好奇心旺盛な黒髪の乙女が次々と別の場所に移動するため、先輩は中々出会えない。しかしこの二人の双方向から描かれる描写は、各章で物語の全体像を映し出す重要な存在となるのである。
 黒髪の乙女の場合、全体を通して「飲み屋街」「古本市」「学園祭」「見舞い」という各章ごとに催しを満喫する。そして自らが意図せざる内に、個性的な人たちとの出会いの中で主役となるのである。これは、彼女の好奇心があってこそ成せる業である。彼女は後に振り返ればこうした出会いがなければ、個性的な人達と関わることもなかったと回想する。このようにして彼女が飲み屋で出会った老人(李白)に「夜は短し歩けよ乙女」と囁かれた真意が浮かび上がり、この物語を引き起こすひとつの答えが現れるのである。
 一方で、先輩の場合は黒髪の乙女が登場する各章ごとの催しに現れ、彼女を見つけるために追い続けるものの、入ってくる情報は彼女の軌跡のみで容易に見つけることができない。しかし、彼は彼女を探索する行為によって実らぬ出会いは、彼女と関わる人物に遭遇することでユーモアと物語に奥行きを与えて進んでいくのである。
 こうして、読者達は二人の平行するそれぞれの出会いのなかで解かれる幻想性を帯びた真実を知る。それが、たとえ神様の御都合主義と描写されようと物語が揺らぐことはない。なぜならば、出会いという原動力そのものが御都合主義よりも心や事物を変化させる力があるからだ。そして、それは読者の同意をもって初めて成立するのである。
 私は少なくとも出会いの力を信じている。そんな作品を一度読んでみてはいかがだろうか。

推薦文一覧へ戻る

候補作品