夜は短し歩けよ乙女

  • 『夜は短し歩けよ乙女』

  • 森見登美彦
  • 角川書店
  • 580円(税込)
  • 2008年12月
  • 不器用な「先輩」は、風変わりだけど可愛い「黒髪の乙女」にベタ惚れしてしまう。珍事件も何のその、鈍感な彼女を振り向かせるべく奔走する先輩の大学生活やいかに……。味のある文体で綴られた恋愛ファンタジー!

夜は短し、歩けよ大学生

推薦文No.5-3
龍谷大学文芸さ~くる

 『これは私のお話ではなく、彼女のお話である。』

 この本には大学生活というものがギッシリ詰まっていると思います。
 サークルに飲み会に学園祭
 そして恋する青年
 これぞ青春であり大学生です。

 彼と彼女の2人の視点があり交互に語られます。
 彼は彼女を追い、彼女はその思いを全く知らずに我が道を行きます。
 彼は彼女への恋に猪突猛進で、そんなもどかしい恋も青春といえて良く感じます。
 思わず彼の気持ちに気づいてあげて欲しいと思ったり、あと一歩頑張って踏み出せ!と応援したくなります。

 『これは彼女が酒精に浸った夜の旅路を威風堂々歩き抜いた記録であり、また、
 ついに主役の座を手にできずに路傍の石ころに甘んじた私の苦渋の記録である。』

 彼女の純粋さ
 彼のマヌケさ
 周りの人々の個性豊かさがうまい具わいに混ざり合います。
 出会った人々にはそれぞれの人生がありそれぞれの悩みがある。
 それが彼女を中心に混じり合う。
 知らず知らずのうちに主役となる彼女
 それでも彼女はマイペースに歩き出す
 彼女が歩き彼がその後を追い奔走する。その途中不思議な人々に出会い、面白可笑しな物語が生まれる。そんな作品です。

 哲学的文学的言い回しが多く難しめの単語熟語が多数ありますが大学生にはちょうど良いものだと思います。

 先輩と後輩という関係以外何のサークルに所属しているかなど、彼と彼女の事はあまり記されていません(名前すらわからない)が、ユニークな表現や口調がそれぞれの性格や個性をうまく表現していて人物像が頭の中でハッキリと浮かびます。
 さらに中村祐介さんの描く絵が作品に合っているので表紙を見てこの本を手にとった人でも納得のいくものになっています。
 大学生必読書といっても過言ではないと思います。

 『願わくは彼女に声援を』

推薦文一覧へ戻る

候補作品