天地明察

  • 2011大学読書人大賞 受賞作品

    『天地明察』

  • 冲方丁
  • 角川書店
  • 1,890円(税込)
  • 2009年11月
  • 江戸時代、徳川四代将軍家綱の時、日本独自の太陰暦を作るプロジェクトが立ち上がった。その実行者として抜擢されたのが、渋川春海という碁打ち。彼の二十年にわたる奮闘・挫折・喜びを描いた新しい時代小説。

夢は受け継がれ、星に届く

推薦文No.6-3
創価大学創作部

 「諦めなければ夢が叶う」なんて、そんな希望的観測を最初に言い出したのは誰なのだろう。そんな無責任な言葉に振り回されて人生を棒に振った人達は数え切れないほどにいる。世の中そんなに甘くない――なんて考えは、『天地明察』を読めば吹き飛んでしまうだろう。
 本書に出てくる登場人物は皆、夢を持っている。とうてい一人では叶えることの出来ないような、壮大な夢だ。
 主人公、渋川春海の夢は今の間違った暦を正しい暦へ変えること。現状使われている「宣命暦」は、日が二日ほどずれている。その事実を知ってしまった時の衝撃は、登場人物の一人、建部の言葉を引用すれば解ると思う。「お主、本日が明後日である、と聞いて、どう思う?」私はこの言葉にぞっとした。この時代の価値観をそれまで詳しすぎるまでに描写されていたために、この言葉によって自身の立っている大地が、突然不安定な海の上に浮いている板切れのように思えてしまった。おそらく春海も同じような不安に襲われただろう。
 春海が生きた時代、改暦を行うことは政治、経済、宗教、文化のすべてを変えることに等しかった。歴代の偉人達が改暦を成し遂げようとしたが、彼らですらも成し遂げることが出来なかったこの偉業を、春海は胸に抱くのだ。春海は何度も挫折を味わいながらも立ち上がり、そしてその願いは星に届く。たった一人のちっぽけな人間が星に戦いを挑むその壮大なテーマは読者の心を奮わせる。全力で春海に感情移入し、一緒に絶望感を味わい、一つ夢に近づいた時には高揚感を得るのだ。
 『天地明察』の主人公は渋川春海だが、本書を語るにあたって語らずにはいられない登場人物が二人いる。前述した建部昌明ともう一人、伊藤重孝だ。彼らは春海より一回りも二回りも年齢を重ねていながらも、壮大な夢を持っている。建部の夢は渾天儀という、天の星を地球儀のように球体に表現した物を作ること。伊藤の夢は、分野と呼ばれる物を作ること。二人は春海に星と向き合うことの喜びを伝え、自身達が生きている内にはその夢が叶えられないことを悟り、晴海に自身の夢を託す。夢を託されたことに対する喜びやプレッシャー、それらを春海は覚える。そして二人の夢を、春海は改暦をやる過程の中で叶えるのだ。
 その時建部、伊藤の両名はすでに亡くなっているのだがそんなことはどうでもよくて、夢を他人に託した瞬間、託せる人間が現れた時に、その人はすでに救われているのではないか、と私は思うのだ。その事を『天地明察』を読んで深く感じた。
 『天地明察』では、春海の夢を叶えるまでの挫折や苦悩、関わった人間達との関係性については何百ページにもわたって描写しているのだが、実は改暦が行われた瞬間についてはそれまでの描写の厚さから比べれば、割合さらりと流した風になっている。それは作者自身も、『夢を叶えた春海』を描きたかったわけではなく、『夢を叶えようとし、その夢を春海に託した人間達とその夢を受け継いだ春海』を描きたかったからではないかと、私は勝手ながらそう思うのだ。

推薦文一覧へ戻る

候補作品