天地明察

  • 2011大学読書人大賞 受賞作品

    『天地明察』

  • 冲方丁
  • 角川書店
  • 1,890円(税込)
  • 2009年11月
  • 江戸時代、徳川四代将軍家綱の時、日本独自の太陰暦を作るプロジェクトが立ち上がった。その実行者として抜擢されたのが、渋川春海という碁打ち。彼の二十年にわたる奮闘・挫折・喜びを描いた新しい時代小説。

渋川春海?誰それ?

推薦文No.6-4
一橋大学文芸部

 大石内蔵助、坂本竜馬、源義経、遠山景元などなど。こいつらはかならず善玉。
 対して、吉良上野介、松永久秀、日野富子、酒井忠清などなど。こいつらは必ず悪玉。
 こんな風に日本人は、歴史を勧善懲悪でとらえがちだとよく批判されます。どんな人物にも長所、欠点は存在し、完全な善玉、悪玉が存在するわけがない。そもそも、歴史を人格でとらえるのはおかしい、というわけです。歴史小説も同じ。主人公の視点が必ず正しい、全ての人物が平等に扱われていない、偏見が多く、読者にもその偏見が伝染する、などなどが批判されています。
 では、我々は歴史小説に影響されて、人物を好きになってはいけないのでしょうか。小難しい専門書を読まなければ、歴史好きだと名乗ってはいけないのでしょうか。
 そんなわけはない。そんなことばっかり言ってるから、暗記に嫌気がさした子供たちが歴史嫌いになっていくんです。じゃあ、視野狭窄に陥らないためにはどうすりゃいいのか。答えは簡単。たくさんの時代小説を読めばいいのです。
 本屋に行って、時代小説の棚を見れば、本当にたくさんの小説で溢れています。つまり、小説の数だけ主人公がいて、作者の数だけ歴史の解釈があるわけです。時代小説を読めば読むほど新しい人物に出会うことができ、よく知っているはずの人物の新たな側面を見つけることができるのです。
 本書『天地明察』は、斬新な視点から描かれていて、私たちに歴史の新たな側面を教えてくれます。本書の主人公は、渋川春海。誰それ。貞享暦?高校の教科書をひっぱり出してみると、

 天文学では、渋川春海(安井算哲)が、従来の暦を観測によって修正し、貞享暦を作った。

(東京書籍 日本史B)

これだけ。だから、貞享暦って何なのさ? 物語を彩る脇役は、関孝和、山崎闇斎、保科正之。なんだか、受験勉強してるみたいです。
 もちろん、よく知っている人物も登場します。でも、悪の権化みたいなイメージがある酒井忠清はなんだか好感が持てる人物になっているし、水戸黄門は凶暴だし、徳川綱吉や堀田正俊は挙動不審。なんだか、私の知っている江戸時代とは、ずいぶん雰囲気が違っています。でも、楽しい。
 もちろん、この本に書かれていることが全て正しいということはあり得ないでしょう。インターネットを調べれば、設定の間違いをあげつらねて「考証がなっていない!」と叫んでいる人がいると思います。でも、そんな細かい間違いには目をつむって、何も言わずにこの物語を読んでほしい。
 保証しましょう。本書を読めば、歴史の楽しさを思い出すことができます。そして、歴史には知られざる人物がいっぱい隠れていて、深入りすればするほどに面白いってことを知ることができます。
 ぜひ『天地明察』を読んでみてください。読んだという人は、何度も何度も読んでみてください。必ず、新しい発見があるはずです。

(注)書き終わった後にインターネットで「天地明察 時代考証」と検索してみたら、批判はほとんど見つかりませんでした。『天地明察』は、非常に緻密な下調べのもとに書かれていたようです。冲方先生はすごい。

推薦文一覧へ戻る

候補作品