インシテミル

  • 『インシテミル』

  • 米澤穂信
  • 文春文庫
  • 720円(税込)
  • 2010年6月
  • コンビニでバイト雑誌を立ち読み中の大学生結城は、同級生の不思議で美人なお嬢様、須和名に偶然声をかけられる。そして見つけた、「ある人文科学的実験の被験者」バイト。超高額時給につられ12人の男女が集ったが・・・。

一味違った恐怖の中で

推薦文No.1-1
共立女子大学文芸製作サークル文士会

 私は元々ミステリー小説が好きで、横溝正史の金田一耕助シリーズやアガサ・クリスティの名探偵・ポアロシリーズを好んで読んでいた。今回の大学読書人大賞のノミネートをきっかけとして以前から興味があったこの小説は読み始めたのだが、『インシテミル』は読み始めてから終わるまでの間がとても怖く、頭から離れることが片時もなかった。三日間くらい時間をかけて読んでいたのだけれど、その間夜道を歩いてる時や真夜中に自宅の真っ暗な廊下を歩いている時、ずっと後ろに誰かがいるんじゃないかという不安な気分を味わっていました。小学生の頃、家族と一緒に行った遊園地で姉と一緒に入ったサウンドホラーのお化け屋敷の恐怖から二カ月くらいの間、同じような見えない恐怖を経験していた。最初はちょっと怖い話を聞いただけでも同じような不安感を味わうことはあったけれど、大きくなるにつれてそんな不安はどこかへ行ってしまった。けれどこの小説によって、小学生の頃の自分に遡っている自分がいたのだ。
 さて、私の感傷はともかくとして、『インシテミル』は高額な時給に釣られた12人の男女がある人文科学的実験の名の下、七日間24時間監視体制で殺人ゲームを行っていく内容である。まず最初に、私は米澤穂信という作家は彼が書いた『春季限定いちごタルト事件』のような日常の中にある謎を描いていく作家として認識していた。けれど、この『インシテミル』の内容はそういった今までの認識から180度かけ離れている。その所為で「本当にこれは米澤穂信が書いたのだろうか?」と一瞬疑いたくなったが、所々で米澤穂信を感じさせる文章があったので疑いはすぐに消えていった。
 主人公の結城はなかなかの曲者だ。今回の手法での話の展開に私が思い出したのは横溝正史の『夜歩く』の登場人物・屋代寅太だった。物語の語りを担っている屋代寅太は作中の間ずっと物語の傍観者のようなたち振る舞いをするが、最後の結末ではずっと傍観者だった彼自身が犯人だったというオチなのだが、結城という人物が犯人という訳ではないけれど、彼の正体を知った時、私は登場人物の一人・安東は結城を暢気と評したけれど、それよりも私は曲者の方が正しいと思った。
 普段、私がミステリーに限らず小説全般に求めていることは読む人が驚愕するような結末やトリック・謎解きなどにはない。それよりも私が求めるのは人がその行動に至った経緯や心情にある。それが特に見えやすいのがミステリー小説だと思っているから私はミステリー小説を好んで読むのだが、この小説は話の冒頭と結末に少し登場人物たちが語りあうだけで後は全編を通して、主人公の結城の目線で話は進む。そういった面では私が常にミステリー小説に求めている部分には不足の面があったが、この小説だけはそれよりも展開の方に注視していってしまった。おまけにそれがとても面白い。なので、正直今回はとても悔しいのだ。だから、もし仮に私と同じように展開やトリックよりもそこに行きつくまでの心情を小説に求める人がいたのならこの『インシテミル』を読んで欲しいと思う。そして、どう思うかが知りたい、できれば同じ悔しさを共有して欲しい。

推薦文一覧へ戻る

候補作品