虐殺器官

  • 『虐殺器官』

  • 伊藤計劃
  • ハヤカワ文庫
  • 756円(税込)
  • 2010年2月
  • 近未来、先進諸国は徹底的な管理体制に移行し、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。それらの虐殺に潜む米国人ジョン・ポールの影。彼の目的とはなにか? 大量虐殺を引き起こす“虐殺の器官”とは?

目を逸らしていた現実

推薦文No.2-2
関西学院大学文芸部

 虐殺器官というおどろおどろしいタイトルと、真っ黒な表紙。そんな異様な風体に、この本を書店でみかけてぎょっとした人は多いんじゃなかろうか。しかしながら、本当にぎょっとさせられるのは、実際にこの本を手に取って読み始めた時だと思う。そこに広がっているのは、身近で現実と地続きの、生々しいフィクションの世界だ。そこには現代を生きる我々に対して、並々ならぬリアリティと背筋の寒くなるような恐ろしさを持った世界が広がっているのだ。テロ、紛争、監視社会などといった言葉など、もはやフィクションよりも新聞などで目にする事の方が多いかもしれない。では、そういった要素を含むこの作品が、いわばありきたりな「近未来」を描いているだけかというと、これはもちろん否だ。そうではなく、この作品はある種のグロテスクな対比をもって、我々の喉元に重々しいものを付きつけているような気がしてならない。
 この作品は、一貫して主人公の一人称口調という体裁で書かれている。その語り口は繊細かつ愚直で、特殊部隊の隊員というよりも、幾分内省的な等身大の青年といった印象が強い。そんな彼の日常というのは、驚くほど平凡で小市民的だ。休日に彼と共にあるのは、ソファとドミノ・ピザとバドワイザー、そしてお試しの無料で見られる「プライベート・ライアン」の冒頭シーン。そんな平均的アメリカ人然とした彼だが、一方では要人暗殺を行う軍人でもある。ひとたび任務ともなれば、敵地に潜入して着実に任務を遂行していく。薬品とカウンセリングによって入念な調整がなされ、痛みも心理的葛藤とも半ば切り離された状態で。
 そういった主人公のあり方だけではない。主人公らの追う謎の人物ジョン・ポールが指摘し、そして行く先々の国で虐殺を引き起こすという方法でそれを維持してきた、ある対比の構造も、極めつけにグロテスクかつリアルな存在だ。彼は言う。虐殺を引き起こすのは、愛する人々を守るためだと。それは一見すると辻褄の合わない無茶苦茶な理論だが、その裏にある事実と照らし合わせてみれば、実に当たり前のような、恐るべき正論となって聞こえてくる。
 それだけではない。この作品の中には、作者が今現在を生きている我々に向けて仕込んだ、無数の棘が眠っている。読み進めていくうちに、それらは否応なく我々に突き刺さり、普段知らず知らずのうちに見過ごしていたそれらの事象と、改めて向き合わされる羽目になる。鋭い刃先で抉り取るようなその筆致は、必ずや我々に強烈な深い味わいを与えてくれるだろう。臆せずに是非読んで欲しい。普段SFを読むかどうかなど、ここでは関係ないのだ。そんなことがどうでもよくなるほどの面白さが、ここに確かにあるのだから。

推薦文一覧へ戻る

候補作品