告白

  • 『告白』

  • 湊かなえ
  • 双葉文庫
  • 650円(税込)
  • 2010年4月
  • 「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです」。娘を失った女教師によって行われた恐ろしい復讐。母親を求め殺人を犯した二人の生徒に下される裁きとは? 無慈悲なまでの母の愛を描ききった怪作。

楽しいし、知ることができる

推薦文No.3-2
中央大学文学会

 大学生に読んでもらいたい本を推薦するというのならば、まずは本を読む理由というものを自分なりに提示しなければなるまい。これに納得してもらえなければ、そもそも本を読まない大学生たちに推薦した本を読んでもらうことはできないだろうし、本を読む大学生たちにも、この本を推薦する理由を納得してもらえず、結局この本を読んでもらうことはできないだろう。本を読む理由というのは人によって違うのだから、自分のそれに基づいて本を推薦したとしても、人によっては何ら価値のないものである可能性もあるのである。
 では、本を読む理由とは何だろうか。一つには、「楽しいから」であると私は考える。そして、そういった読書する楽しみを大学生に伝えるのにこの本はうってつけだと思い、推薦するに至っているわけである。どう楽しいのか説明するためこの本のあらすじを初めの方だけ紹介しよう。
 ある学校で、ある先生の子供が事故死する。しかし、先生はそれがある生徒によって行われた殺人であり、犯人はこのクラスにいると告発する。そしてその生徒に復讐を果たし、自らは退職していく。この復讐により、残された生徒たちはさらなる事件を引き起こしていくのだが、その進展と殺人がどのように行われたのかというのが、この物語の主な部分である。続きが知りたいと思ったなら実際に読んでほしい。
 この本の特徴は、この話が事件の関係者たちの独白によって章ごとに一人称で進められていくことだ。さらに本書では、前の章で別の人によって語られた行動や動機が、次の章ではその行動をした本人によって否定され、本当の動機が告白されていく。そのようにして、真実のように思えたものが覆されていくところもまた、見逃せない面白さである。
 ここに「楽しいから」というものとはまた別の読書する理由というものがあるように私は思える。すなわち、自分とは違う他人の考えや世界の見え方を知るために本を読むのではないだろうかと考えるのである。上記のように、他人の考えることは自分が推測したものと往々にして違うものだし、もちろん自分の考えていることがすべて他人に伝わるわけではない。そして、自分を分かってもらえないことに対して悲しみを覚えるのは、人類に共通することだろう。そういった悲しみを防ぐための努力の一つとして、他人が書いた本を読み、その人の考えや世界観を理解しようとするのではないだろうか。もちろん、それを知ることが単純に面白いためでもあるが。
 こういったことは本を読むことに限らず、人間の営みとして行われているだろう。会話というのはまさにその典型的な例だし、言葉を使わなくても行動で意思を伝えようとすることだってある。では、そういった日常の会話や行動ではなくて、本を読むことがなぜ必要なのだろうか。わざわざ本を読まなくても、他人の考えを知るということは日常的にできることではないか。
 しかし、会話というものにはおのずと限界がある。技術上は世界中の人と話ができるが、現実問題として無理であるし、すでに死んでしまった人と話すことはもちろん不可能である。そんな人たちの考えていることでさえも文字として残された本の中で知ることができるのである。そうして、他者が入ってきたときにその人の考えを全く理解することができない結果、本書のような悲劇が起こる可能性だって十分にあるのである。他者を排除せず受け入れるためにも他人の価値観を知ることは重要なのである。
 読書することは楽しいし、他人の考えや世界の見え方を知ることができる。それを伝えてくれる本書を私は推薦する。私の本意がこれを読んでいる皆さんに伝わることを願うばかりである。

推薦文一覧へ戻る

候補作品