告白

  • 『告白』

  • 湊かなえ
  • 双葉文庫
  • 650円(税込)
  • 2010年4月
  • 「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです」。娘を失った女教師によって行われた恐ろしい復讐。母親を求め殺人を犯した二人の生徒に下される裁きとは? 無慈悲なまでの母の愛を描ききった怪作。

真相

推薦文No.3-4
白百合女子大学推理小説研究会

 告白と聞いたらなにを思い浮かべるでしょう?
 愛の告白?罪の告白?性癖のカミングアウトなんていうのもありますね。今から紹介する物語のタイトルも『告白』です。
 『告白』はある中学校の少年二人が犯したひとつの犯罪を軸に物語を広げていきます。娘を二人の生徒に殺された教師が教壇で、生徒達がどう娘を殺したのかを語る「聖職者」。教師が去ったその後の教室の様子を委員長が手紙という形式で描いた「殉教者」。母親が犯人の一人である少年と過ごした日々を日記形式でつづった「慈愛者」。他三篇から成っているミステリーです。
 さて、ここで私はミステリーを誤解していたと言わねばなりません。せっせと探偵が証拠品を集め、犯人を追いつめていくのがミステリーだと思っていましたが、『告白』ではそれが一章目であっけなくひっくりかえされます。娘を殺された教師が坦々とどの様な経緯で少年達が娘を殺すことにしたか、またどんな手段で殺したか。そして自分が彼らにどう報いたのかを語り、早くも物語から退場します。つまり、事件の謎解きをして去ってしまったのです。
 この物語はなんだろう?と私は考えました。そしてその一つの答えは、誤差だと結論しました。
 この物語では一章ごとに語り手が変わる形式をとっています。
 たとえばある人物が事件について語ったとしましょう。学校に行きたくないの?あの事件を気に病んでいるのね、優しい子だから、死んだ子供に責任を感じているんでしょう。友達にそそのかされたのよね?じゃああなたのせいじゃない、安心して。それよりも教師に責任があるのではないか。職場に子供を連れてくるなんて、甘えている。うちの子のせいじゃない。教師のせいだ。この子が事件に本当に関わったかだって疑わしい話だ――それよりひきこもりだなんて、近所にうわさされたらどうしよう?
 いつの間にか事件から心へスライドが行われています。いえ、事件を介して、という方が正しいでしょうか?こんな調子で各々が好き勝手に推測を並びたてていき、そして誤差が生まれます。事件の実像への誤差、周囲との誤差、そして近しい人との誤差。
 『告白』で語り手が多くいるのは一つの事件をそれぞれの視点で追っていくためではなく、むしろ一つの事件によって暴き出された心を語っていくためです。
 そうして登場人物たちが自分の心を語っていくうちに、読者はあることに気づいていきます。――登場人物たちの他人への考察がことごとく外れていることに。登場人物たちが与えてくれる他者の情報は読者にとっての事実になります。しかしそれは章が変わるごとに破壊され、新たな事実を読者は手に入れることになります。
 ミステリーでは個人の捉え方と事実のズレを利用したトリックが一人称でよく使われますが、『告白』ではむしろズレのために一人称を選択しているようにすら見えます。
 『告白』が普通のミステリーと違う部分があるとすれば、ここだろうと思います。通常のミステリーが、思い込み、つまり誤差を修正しながら事件の謎、真相に迫っていくのに対し、『告白』では読者に最初に真相を与え、情報を与え、そうしてから物語の進行にしたがって誤差を発見させていきます。事件の謎解き、という意味での真相でしたら、誤差など全編通してほぼありません。ここで言いたい真相とは、人の心であり、外から見ていただけでは気づかない心の闇です。
 エゴイスティックな登場人物たちは告白します。自分が、なぜ、どうして、どうやって事件と関わったのか。『告白』はミステリーです。ただし、最後に行きつくのは「事件の真相」ではなく、事件を起こすに至った「登場人物たちの真相」です。
 登場人物は自己内省のないエゴイストだらけですが、彼らの感情は生々しくこちらへ訴えかけてきます。――私の心はこうだよ、と。それらは私たちの持っているものにそっくりの形をした弱さです。

推薦文一覧へ戻る

候補作品