馬たちよ、それでも光は無垢で

  • 『馬たちよ、それでも光は無垢で』

  • 古川日出男
  • 新潮社
  • 1,260円(税込)
  • 2011年7月
  • 福島県の震災から1ヶ月後、作者は東北へと向かう。マスクの人々、見えない放射能、傷ついた馬たち。そして作者に、かつて執筆した『聖家族』の主人公がかく語る――。小説を書く人々すべてに読んで欲しい一冊です。

最優秀推薦文

タイムマシン的書籍として

推薦文No.1-1
法政大学もの書き同盟

 「この作品に面白さがあるか」それを問われたならば、私は「貴方は一体何をもって本を面白いと判断しているのか」と一昼夜を通して聞き出さなければならないだろう。
この作品を友人に薦めようとした瞬間、私は自身の手が伸びきらなかったのを覚えている。原因は明らかだ。この本が展開する舞台、この本の叫ぶ内容、そしてこの本が書かれた理由こそが、私の動作を滞らせた。『2011年3月11日』今や誰もが目を背けつつある、あの時の現状をこの本は捉えてしまっているのだ。

 「声はシンプルに命じている。『そこへ行け』と。」
主人公(著者)は内なる声に命ぜられるまま被災地を目指す。繰り返された各地への報道、流れる噂、故郷への思い、現地の惨状。誰もがリアルタイムに感じ取った、そして誰もが嘘だと願ったあの時の感覚全てを、作中の主人公は身に纏うことになる。一人の人間の目で見た風景だからこそ、文章は決してルポルタージュの風を帯びることなく、リアルな質感を持って描き出される。この本の文字を目で追う貴方は、物語を想像していくのではなく、どこか思い出しながら読み進める事となるのだ。

 しかしその途中、きっと貴方は意味不明とも取れる文章に遭遇することだろう。なんだ、どういうことだ、と眉間に皺をつくるかもしれない。だが、そこはさらりと読み飛ばして頂いて構わないと私は思う。実際、初読の私はそうしたし、それでも別に困らなかった。荷物の宛先が違ったのだと理解して欲しい。恐らく今の貴方には届かない表現なのだ。

 だからこそ私は、この本を2度3度と読んで欲しい。出来ることならば、忘れた頃に読んで欲しいのだ。今日受け取れなかった文章を、是非とも未来の貴方には受け取って欲しい。「馬」の意味を、「光」の意味を、それでも「無垢」である理由を、震災から時を経た貴方に再び、ここにある今日へ立ち返って噛み締めて頂きたい。そして、震災を噛み締めたままのその目で未だ見ぬ明日を見通して頂きたいと、私は願って止まない。

 全財産を賭けるような気持ちで、あえて言おうと思う。この本は面白い。過去へと追いやられてから後に、誰もが必要となるであろう本として、今度こそ私はこの本を薦めようと思う。大学生諸君、タイムマシンとはこの本の事だ。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)