馬たちよ、それでも光は無垢で

  • 『馬たちよ、それでも光は無垢で』

  • 古川日出男
  • 新潮社
  • 1,260円(税込)
  • 2011年7月
  • 福島県の震災から1ヶ月後、作者は東北へと向かう。マスクの人々、見えない放射能、傷ついた馬たち。そして作者に、かつて執筆した『聖家族』の主人公がかく語る――。小説を書く人々すべてに読んで欲しい一冊です。

311を小説は語る

推薦文No.1-3
立教大学文芸思想研究会

 なんて疲れるのかと、読む人は思うだろう。強烈な言葉で描写される鮮烈な風景の中、様々なものが動き続ける。それは紙の向こうへと真っ直ぐに飛び出して、読む人と衝突する。衝撃で、動かされる。壮絶な揺れに襲われた場所の現実が、そこを訪れた者に衝動を与え、その二つが読む人の中に絶え間ない揺さぶりを生む。疲労が起こったのならば、それは動き続けた心の結果ではないか。そしてその疲労は、決して忘れてはならないものになる。
 場所や時間や感情、それらの動きが踊り続ける中心には、作者という人物がいる。しかし、この作品は小説である。作者の出会ったものや風景は、小説でしか描けないものだった。だからこそ、作中にある全てのものの躍動が、こちらに伝わってくる。現実の現象だけでは伝えきれない、現実の惨状が、この作品にあるからである。作者という人物は、想像以上の現実を視て、視界が歪むほどの感動を得る。その衝撃に止められることなく、自らの考えを必死に纏め、伝えようとする。この闘いともいえる物語と読者の距離は、決して遠くない。自分の経験を超える出来事や問題は誰にでもあって、しかし乗り越えることは決して容易なものではない。それでも、打ちのめされることなく、自分に出来ることを探さなければならない。その時、この作品から得たものが、私たちの原動力になる。作者という人物の記した決着が、読む人々の続きを作るのである。だから、作品の読了が、決して単なる終わりにはならないのである。
 震災の重み、登場人物の得た衝撃、力強い表現。一筋縄では、読み切ることが出来ない文章だろう。それでも、一度読み始めれば、結末に辿りつかされる魅力がある。その果ての疲労、身の内の躍動が、私たちの新たな力を生む。馬たちよ、それでも光は無垢で。題名に負けない物語、結末、そして沸き上る衝動が、この作品にはあった。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)