青年のための読書クラブ

  • 『青年のための読書クラブ』

  • 桜庭一樹
  • 新潮文庫
  • 460円(税込)
  • 2011年7月
  • ミッション系のお嬢様学校「聖マリアナ学園」を舞台に、数々の事件の背後で秘密裏に活躍した「読書クラブ」。学園の創設から消滅までの百年にわたり活躍した異端の少女たちの理論武装の歴史を描いた物語……!

乙女たちの追い求める純粋性

推薦文No.2-2
恵泉女学園大学読書会

 東京、山の手に悠々と聳え立つ聖マリアナ学園は、やんごとなき乙女たちの聖域であった。学園を包む薄絹のヴェールに守られて、社会から隔絶された少女たちは幻想の〈王子〉に恋い焦がれる。あるとき、〈外の世界〉から異質な転校生、烏丸紅子がやってきた・・・。

『青年のための読書クラブ』は、学園の創設から崩壊までに起きた事件の数々を〈読書クラブ誌〉を使って辿っていく。表舞台には決して現れることなく、裏で暗躍を続けた〈読書倶楽部〉。彼女たちの活躍を覗いていると、私のどこかに眠っていた乙女心-それも〈異端〉という言葉に恍惚とする少女の心が、ぞくぞくと疼いた。この本には何とも形容しがたい、ある種の人間を惹きつける要素がある。一見清純そうななりをしながらしっかりと女の臭いを放つ少女たちに、軽い嫌悪感を抱きつつも、気づけば私は甘くねちっこい〈悪夢〉にどっぷりと浸っていた。作中には何度も〈悪夢〉という表記が出てくるが、私には作品そのものが一つの儚い夢に感じてならない。回想録という形式を取ることによって事件の生々しさは薄れ、同時に現実味を失い、読んでいると額縁に飾った絵を見つめるごとくぼんやりとした心持ちになるのである。良い意味で完全な感情移入ができない。きっとこれは桜庭一樹のもくろみのうちなのだろう。乙女の園に閉じこもった少女たちは、女として異性に興味を示しながらも、性を感じさせる者は容赦なく排除する。他者を拒むことで自己の純粋性を追求し、閉鎖的な世界を創り上げているのである。しかし、いつまでも世界に止まることはできない。ある者は住人たちに追い出され、ある者は学園を卒業して、皆外の世界に旅立っていく。ラストでは、聖域を去る最後の人間が、崩壊する学舎を振り返り、自身の青年期に思いを馳せる。私は桜庭一樹がこの本にある一つのメッセージを込めているように感じる。すなわち、永遠の乙女は存在しないのだということを。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)