青年のための読書クラブ

  • 『青年のための読書クラブ』

  • 桜庭一樹
  • 新潮文庫
  • 460円(税込)
  • 2011年7月
  • ミッション系のお嬢様学校「聖マリアナ学園」を舞台に、数々の事件の背後で秘密裏に活躍した「読書クラブ」。学園の創設から消滅までの百年にわたり活躍した異端の少女たちの理論武装の歴史を描いた物語……!

読書クラブへの招待状

推薦文No.2-4
白百合女子大学推理小説研究会

 良家の子女の通う聖マリアナ学園。少女たちは、クリーム色の制服に身を包み、柔らかな笑い声を響かせる。ある者は少年のような言葉で喋り、ある者はお姫様のように可愛らしく。甘い砂糖菓子のような世界。しかし、そこにはあからさまなヒエラルキーが存在する。頂点に君臨するのは、生徒たちの憧れの的である「王子」を始めとした、美しいものたち。対して底辺に属する少女たちが集まった読書クラブには、学園の表舞台には決して現れない暗黒の学園誌が受け継がれている。
 貧乏の匂いを漂わせた異色の転入生、烏丸紅子はいかにして王子となったのか。シラノ・ド・ベルジュラックのごとく紅子の影となって活躍した読書クラブの部長瀬尾アザミはそれを見て何を思うのか。
 学園の創立者である修道女、聖マリアナは本当に女性だったのか。舞台はパリに移り、悲しい兄妹の物語が語られる。マリアナの夢見るような菫色の瞳は遠く未来を見つめ続ける。
 バブルの金色の風が吹く時代。学園にも新たな風が吹き始めるが、そう長くは続かない。成金の王子は一瞬でその地位を追われ、色とりどりの扇が空を舞う。バブルの熱は学園に何を残したのか。
 読書クラブの部室でひっそりと息をひそめていた苺の香水。その香りは一人の少女、山口十五夜を狂わせ、ロック・スターに変貌させる。少女同士の激しい想いは暴走を始め、騒動に次ぐ騒動に。
 そして、物語は現代へ。かつて主役を張った少女たちは大人になり、学園は時代の流れに逆らえず、男子生徒も受け入れることを決め、聖マリアナ学園の一つの歴史が終わりを迎える。
 この本の中では血なまぐさい事件は起こらないけれど、どこかにいそうでいないような、一癖も二癖もある少女たちは生き生きと動いて読者に息もつかせない。一九六九年から現代まで、一気に読み切れてしまうだろう。
 綺麗で陰湿で幻想的な聖マリアナ学園に、貴方も引き込まれることは間違いない。ぜひ手に取って、甘苦い夢を。紅茶とケーキの準備も忘れずに。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)