ディスコ探偵水曜日 上・中・下

  • 『ディスコ探偵水曜日 上・中・下』

  • 舞城王太郎
  • 新潮文庫
  • 580・660・820円(税込)
  • 2011年2月
  • ディスコウェンズデイ。自称迷子探偵。ある水曜日、彼と共に暮らす6歳の少女、梢の体が急に成長を遂げ、意識が未来の彼女と入れ替わるという現象が起こる。しかしこれはディスコが挑む謎の始まりでしかなかった。

TOPPA!!!

筑波大学ミステリー研究会

 迷子探し専門の探偵、ディスコ・ウェンズデイ。物語の発端は、共に暮らす山岸梢という六歳の少女に十七歳の梢が出入りし(身体も大きくなる)、それが繰り返されることだ。十七歳の梢や初恋の人ノーマ・ブラウンの顔に整形した勺子の登場に翻弄されるディスコだが、唐突に今度は島田桔梗という女の子が六歳の梢の中に入り込む。

続きを読む

境界を越えて、世界を繋げる

明治大学ミステリ研究会

 要約が不可能な――要約されることを拒む――作品がある。舞城王太郎『ディスコ探偵水曜日』も、そういった作品のひとつだ。

続きを読む

世界と踊る意志

明治学院大学文芸部

 この本を紹介しようと言って多くを語りたがる人は、実はあまりいないのではないかと思う。自分が著者の意志に呑みこまれた瞬間を憶えているからだ。だから難しい。

続きを読む

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)