天帝のはしたなき果実

  • 『天帝のはしたなき果実』

  • 古野まほろ
  • 幻冬舎文庫
  • 1,040円(税込)
  • 2011年10月
  • 豪華絢爛、戦中国家体制SF設定の青春学園本格ミステリ! メフィスト賞受賞、著者デビュー作が完全改稿され新たな顔を見せる! 独特の文体、踊るルビにより、選ばれた読者のみがたどり着く驚きの結末!

毎日が楽しくない大学生へ

推薦文No.3-1
新潟大学文芸部

 なぜ小説を読むのか、と問われれば。私の答えは、人の世に生きるのが苦痛だから。
 あなたはどんな風にこの問いに答えるだろうか。人によって答えは異なると思う。そのため、万人に薦められる本というのは存在しない。しかし、あなたが一番好きな本と問われた時に、この古野まほろの『天帝のはしたなき果実』を挙げない訳にはいかない。
 ミステリとしてのお約束として「密室」が挙げられる。なぜ「密室」でなければならないのか。人がある一定の他の人間の介在しない空間で殺されたときに密室が生じる。人間は人が殺されるという非日常をもってしか他人に興味をもてないのである。そういった意味で作中内の密室とは別に作品それ自体が密閉された読者の介在する余地のない、ある種の密室として現前する。
 つまり、小説それ自体が我々の手の届かない密室なのである。遠回りしたが、言わんとするところは、密室を目の前にした我々は、その謎を解く探偵ならざるを得ないということだ。探偵である我々読者は小説を隅々まで調査し、作者の仕掛けたトリックを解かねばならない。
 真実はいつも一つという某有名キャラクターのセリフがある。確かに真実は一つしか存在しない。が、いくつもの証拠から導きだされる答えは一つとは限らない。作中でも、間違った事実、間違った証拠からいくつもの誤った真実が提示される。
 小説を読むということは、正しい真実を導きだすことではなく、間違った推理をすることに近い。様々な推理に心躍らされること、その中から最も気に入ったストーリーを見つけ出すことが探偵たる読者の仕事である。
 まほろの文章は、不思議な音楽的とも言えるリズムや音色を持っている。本書の分厚さが気にならないほど、あなたを魅了し、快楽の海に引きずり込むだろう。いささか過剰とも思えるほどの華麗なレトリック、壮麗なまでの衒学主義は、まさにシャーロック・ホームズ以来の探偵小説のダンディズムを主張している。
 文学は世界を変えることができない。しかし、あなた自身を変えることができる。そんな経験をさせてくれる本書を是非ご賞味あれ。

推薦文一覧へ戻る

最終候補作品

候補作品

折れた竜骨
(米澤穂信/東京創元社)

神様のカルテ
(夏川草介/小学館文庫)

県庁おもてなし課
(有川浩/角川書店)

これはペンです
(円城塔/新潮社)

ジェノサイド
(高野和明/角川書店)

下町ロケット
(池井戸潤/小学館)

少女不十分
(西尾維新/講談社ノベルス)

すべて真夜中の恋人たち
(川上未映子/講談社)

ディスコ探偵水曜日 上・中・下
(舞城王太郎/新潮文庫)

ばらばら死体の夜
(桜庭一樹/集英社)

モダンタイムス 上・下
(伊坂幸太郎/講談社文庫)

リトル・ピープルの時代
(宇野常寛/幻冬舎)